シリコンが素材のシリコン粘土

乾燥しても固まらない粘土、シリコンが素材のシリコン粘土。

粘土の素材といえば、最もオーソドックスなのが土や紙、さらに、最近では、弊社でも取り扱っているプラスチック粘土(プラフレンド)など、用途や好みに合わせて選べるようになっています。

今回ご紹介するのは、最近ではキッチン用品など様々なところで使われているシリコンを素材としたシリコン粘土。やはり、シリコンならではの特性があります。

乾かないし、固まらない、だから繰り返し遊べるシリコン製の粘土。

粘土といえば、使い終わってそのままにしておくと乾燥して固まるのが一般的。ですから、乾かないように密閉してしまったり、乾燥する前に形を完成させることが必要になります。

ところが、乾燥せず、固まることもないという粘土が、シリコンを素材に作られた シリコンねんど という商品。ケイジェイシーから販売されています。

シリコンを使い特殊な技術で粘土のように仕上げたシリコン粘土は、部屋の中に置きっぱなしにしておいても、乾燥することもなければ、固まってしまうこともありません。当然ですが、繰り返し使えます。

せっかく買った粘土が固まってしまって無駄になった、ということがなくなるので、小さなお子様向きでもあります。

さらに、このシリコンねんどの優れた点は、机や壁、カーペットなどにくっ付きにくい性質を持っており、たとえ、くっついても滑らかに剥がれる仕様。こども達が遊んだあとでも、掃除の手間がかからないのは、ママさんたちにも嬉しいところです。

カラーも白、黒、赤、青など様々な色が用意されており、単色ではもちろん、混ぜ合わせて色を作り出すこともできるようになっています。

オーブンで焼けば固まるので、作品として残すこともできる。

シリコンねんどの特徴の一つでもあるのが、オーブンで焼けば固まる、ということ。出来上がった形を作品として残したい場合などには、柔らかいままだと、形は崩れてしまいます。

そこで、家庭にあるオーブンやホットプレートを使って、熱を入れると、しっかりと固まるので、作品として残して、飾っておくことなどもできます。

安全性が高いから子供達が使うのにも安心。

近年ではキッチン用品にも多く使われていることからも分かる通り、シリコンは安全性が非常に高いとされる素材で、小さなこども達でも安心して遊べます。

このシリコンねんどが素材としているシリコンも、
・CE 欧州法律適合証明
・FDA アメリカ食品医薬品局
・SIAA 一般社団法人抗菌製品技術協議会
・SGS RoHS 特定有害物質 使用制限認証
などの数々の認証を取得してあるものだけを使用しています。

こどもから大人まで楽しめるシリコンねんど、おもちゃ作りや、アクセサリー作りなど、使い方はアイデア次第で無限に広がりそうです。

エジソン シリコンねんど 8色+1(ケイジェイシー)
・サイズ 横38×縦22×厚さ5cm
・セット内容 ケース付ねんど8色+おまけ(黒10g)、ローラー、ヘラ2種、抜き型6種、お遊びマット、ねんど焼き専用シート。
・ねんどカラー 赤、黄、青、緑、白、透明、紫、茶(各35g)
・素材 本体:シリコーン100%/ヘラ・型・ローラー:ポリプロピレン、820g
・対象年齢 3歳~
・備考 オーブン、ホットプレートで焼くことができます。
・JANコード/ISBNコード:4544742981037

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ピエリア 触らず測れるデジタル温度計(ドウシシャ)
  2. 自由に形が作れる樹脂。
  3. 家庭用みそ汁サーバー、椀ショット 極(マルコメ)
  4. 家具が簡単に移動できるスベリ材、カグスベール プロ 700L 2本入(ニチアス)
  5. エンディングノート「もしもの時に役立つノート」(コクヨ)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP