ボトル電気ケトル Z60(SEIWA)

車の中でお湯が沸かせる、車内専用の湯沸しケトル。

トラックの運転手さんやタクシーのドライバーさんなど、車中泊や車に乗っている時間が多い方にとって、休憩中に飲む温かいコーヒーは、心も体も癒してくれます。

とはいえ、休憩の度にわざわざコンビニなどに行って、温かい飲み物も買うのも面倒。そこで今回は車の中でお湯が沸かせる電気ケトルをご紹介します。

車のシガーソケットにつないでお湯が沸かせる、車内専用電気ケトル。

車の中で温かいコーヒーを飲みたい、カップラーメンを食べたい。そんなときに重宝するのが、ボトル電気ケトル Z60。車のシガーソケットにつないでお湯が沸かせるケトル。カー用品、カーナビなどの企画・製造を行っているSEIWAから販売されています。

夏の暑いとき、冬の寒いとき、また、雨が降っているときに、わざわざ車の外に出てコンビニの立ち寄る必要もなく、車の中にいながら、熱いお湯が使えるようになります。

90℃のお湯を沸かすのに要する時間は、20分~40分。容量は、最大で480mlなので、一般的なコーヒーカップであれば2杯分ほど。運転中の休憩にはちょうど良いサイズ。

置き場所は、車純性のカップホルダー。カップホルダーにピッタリと収まるように設計されているので、新たに置き場所を作ったり、別にホルダーを購入する必要もありません。

車の中でお湯を沸かす扱う危険に配慮された設計。

いくら温かい飲み物を飲みたいからといって、車の中で熱いお湯を沸かすとなると、車内は狭いこともあり火傷などの危険性は少々心配なところです。

その点、この電気ケトルは、車のことを熟知しているカー用品のメーカーが開発しただけあって、安定性や危険回避のための工夫がなされています。

まず、先にもあげた置き場所。車の純正のカップホルダーにスッポリと収まるサイズに設計されているので、安定性はあり。多少の揺れで倒れる心配はありません。

また、フタの部分にはロック機能が付いているので、ケトルに少々強めに触れてしまった場合でも、中身がこぼれることもありません。

ほかにも、中に水が入っていない状態で加熱しようとしても、自動で電源が切れる空焚き防止機能や、本ケトルの最高温度である90℃になると自動で電源が切れる機能もついています。

ちょっと一息つきたいときに、熱いコーヒーやお茶が車の外に出なくても飲めるようになる、車内専用電気ケトル、車の中にいる時間が長い方や、ドライブ好きな方、またアウトドアなどにおすすめです。

ボトル電気ケトル Z60(SEIWA)
・付属品 電源プラグ、本取扱説明書
・ボトル内容量 480ml
・本体サイズ W156×H205×D93(mm)
・コード長 約2m
・カラー ホワイト
・電源電圧 DC12V
・材質 素材:PP、PC、シリコン
・所要時間 DC12Vの場合:約40分/DC14Vの場合:約20分
・重量 567g
・JANコード/ISBNコード:4905339700606

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. お財布にコレがあれば怖くない
  2. AQUA 衣類エアウォッシャー RACOOON(ラクーン) AHW-SR1(AQUA)
  3. 裾上げはテープやシールではなくて、ピンタイプのもので。
  4. ディスプレイボード DB-500(キングジム)
  5. ゴミ収集日を忘れないために ミ出し番長 C-300(ドリテック)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP