Line(ライン)(長谷川刃物 HARAC)

直線もカーブも簡単に切れるマウス型のカッター、新聞の切り抜きなどにおススメ。

新聞や雑誌の切り抜きに始まり、写真を切ってアルバム作り、切り絵や絵本の作成など、様々な場面で使用するカッター。カッターに関しては、刃の耐久性や、握りさすさなどを、各メーカーが競って商品を投入しています。

そんな中、これまでのカッターの形の常識を変えた、マウス型のカッターが販売されており、使いやすさなどで人気になっています。

デスクの上でマウスと見間違えるかも、マウス型のカッター。

カッターというと細長い形をしたもの、というのがこれまでの常識。このカッターの形の常識を覆し、マウスの形をしたカッターとして販売されているのが、長谷川刃物のLine(ライン)。非常にユニークな形をしており、一見したところカッターであることが分からないほど。

マウス型のカッターの製造元である長谷川刃物は、創業80年以上を誇るハサミのメーカー。あるとき、社員の方が机の上に置かれたパソコン用のマウスを見ながら、この形のカッターがあれば面白い、と発言したことがきっかけで、商品化が開始されたもの。

老舗メーカーによる商品だけあって、単にマウスの形をしているだけではなく、そこには使う人のことを考えた、様々な工夫が施されています。

カッターの刃として異例の回転式を採用、曲線も簡単に切れる。

マウス型のカッター Line(ライン)の一番の特徴ともいえるのが、直線はもちろん、曲線も簡単に切れること。

従来のカッターの刃は、基本的に固定されており、動くことがないので、使う側がカッターを持つ手や手首を動かすことで、モノを切っていました。

ところが、このマウス型のカッター Line(ライン)は、マウス型である本体の形状を上手く利用し、カッターとしては異例の回転式の刃を搭載。自由自在に刃を動かせるように作られています。

そのため、マウスのボタンを押しながら力を入れれば、力を入れた方向に刃が回転するので、曲線でも簡単に切れる、というものです。もちろん、曲線のほかにも、直線、波型など、自在に切れるようになっています。

マウスを使い慣れているパソコン世代には、非常に使いやすいカッターといえます。

刃の耐久性は半永久的でありながら、使う人を傷つけない安全性も備えたカッター。

非常にユニークな形で、しかも曲線なども楽に切れて便利なマウス型カッター Lineですが、カッター本来の耐久性なども気になるところです。

この点、カッターの刃の素材として使用されているのは、ファインセラミック。ファインセラミックは、耐久性が高く、折れる心配なども無く、使用用途を紙を切ることだけに限定すれば、半永久的に使用ができるのが特徴。

また、万一、刃先に触れても、肌を傷つけることがないように、安全面にも配慮されています。

マウス型とというユニークな形状と、老舗メーカーの技が活かされた、マウス型のカッター Line(ライン)、これからのカッターの主流になりそうです。

※商品名 Line(ライン)(長谷川刃物 HARAC)
・カラー 4種類(グリーン、ブルー、ホワイト、ピンク)
・サイズ 縦120mm×横48mm×高さ35mm
・重量 38g
・材質 刃:ファインセラミック/本体:ABS樹脂 
・JANコード/ISBNコード:4962069096140 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 電子レンジでおにぎり、こむすび鍋(コンビ)
  2. 夏用サーフワックス
  3. 熱中症対策グッズ
  4. ルルド ブルルリボン(アテックス)
  5. パッと貼るだけ通気口用 ホコリとりフィルター 屋外用(東洋アルミ)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP