残高表示機能付き パスケース(ノコリー)

便利なパスケース、suicaなど、ICカードの残高がひと目でわかる「ノコリー」。

関東地区でいえば、suicaやPASMOなどの電子マネーの機能のついたICカード。非常に便利ではありますが、これらのカードにオートチャージ機能を設定していない場合には、残高がどのくらいあるかは、少々気になるところです。

改札をスムーズに通るためにも、残高不足になることのないように、早めにチャージをしておきたいところです。そこで今回は、残高が表示される機能のついたユニークなパスケースをご紹介します。

ICカードを入れておけば、いつでも残高が確認できる便利なパスケース。

見た目はいたって普通のパスケース。これに、suicaやPASMOをはじめとする交通系のICカードを入れておけば、いつでもどこでも、ボタン一つでICカードのチャージ残高が表示されるというのが、ノコリーというパスケース。

パスケースに小さな液晶画面が画面が付いており、ボタンを押すことで、ICカードの残高が表示される仕組みで、シンプルながら、非常に便利なパスケース。

もちろん、ノコリ-を改札にかざしたときにも残高が表示されるので、通勤時など急ぎ足で改札を通り抜ける際にも、わざわざ改札の表示を確認することなく、手元のパスケースを確認すればよいというのも魅力です。

また、残高を確認するという、作業としては非常に単純なものであるだけに、表示させるに当たって、電源のON・OFFという作業も面倒。

ノコリ-は、そういう面も考慮し、表示させたいときはボタンを押すだけ。表示後は、10秒経過すれば自動で電源が切れる、いわゆる電源オートオフ機能付きであることも、使う人のことを考えた作りといえます。

使用可能なのは、SuiCa、PASMO、ICOCA、itaca、manaca、TOICA、piTaPa、はやかけん、nimoca、SUGOCA。

関東地区では、JR東日本のSuiCa、私鉄系のPASMOが中心の交通系のICカード、全国的には地域ごとに様々なものが発行されています。

SuiCa、PASMO以外に、2016年9月時点でこのノコリーが使用できるのは、JR西日本のICOCAを始め、itaca、manaca、TOICA、piTaPa、はやかけん、nimoca、SUGOCA。これ以外には、対応していないので、購入時には要注意。

また、おサイフケータイや、カードの表面に凹凸のあるクレジットカードの機能の付きのICカードも、非対応なので、その点も併せて注意が必要。

とはいえ、デザインは、性別、年代を問わずに使える非常にシンプルで、厚みもわずか5mm程度。自分用に使ってみるのもよいし、電車通学を始めたばかりの高校生などへのプレゼントなどにもよいかもしれません。

※商品名 残高表示機能付き パスケース(ノコリー)
・同梱品 本体、CR2016電池×1個、取扱説明書
・最大サイズ 幅58.5×高さ88×厚み5.6mm
・重量 24g(コイン電池含む)
・液晶表示部 数字表示(0~9)×5桁
・対応ICカード SuiCa、PASMO、ICOCA、itaca、manaca、TOICA、piTaPa、はやかけん、nimoca、SUGOCA
・オートパワーオフ 残高表示の10秒後に自動電源OFF
・無線通信部対応規格 FeliCa
・電波法区分 微弱無線設備
・保証 ご購入日より6か月間
・商品型番 BP-DMZHKPC
・JANコード/ISBNコード 4528888027880

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. スワッグギア タイニー(バンデミック)
  2. ボタン付けが苦手な方におすすめ、tic。
  3. NEW暖房あったか節電マット(メイダイ)
  4. 北陸新幹線 開業記念グッズ
  5. アンブレラハンガー(マブワールド)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP