アルミサイクルハウス 2.5S型(アルミス)

自転車置き場に屋根をつけたいなら、丈夫なアルミを骨組みにしたハウスがおすすめ。

折角、購入した自転車、自転車置き場に屋根がついていないなどで、雨ざらしにしておくと、色々な個所が次第にサビついたりして、次第に無残な姿になってしまいます。

もちろん、雨が降るたびに、しっかりと拭いたり、サビ止めを塗ったりとメンテナンスをすればよいのですが、忙しい日常のなかではなかなか時間が取れないのが現実です。

そこで今回は、自転車置き場に屋根をつける代わりに、手早く設置できるアルミ製のハウスをご紹介します。

約15分で組み立て可能、アルミを骨組みにしたハウス、自転車がすっぽり入ります。

雨ざらしの自転車をどうにかしたいと思い、自転車置き場に屋根をつけるとなると、これはもう大工仕事。

屋根をつける場所選びに、材料や工具の準備など、日曜大工が得意な方なら、難なく設置できるのでしょうが、なかなかそう上手くは行かないものです。

そこでおススメしたいのが、自転車がすっぽり入るサイズのハウスを設置してしまうこと。アルミスから販売されているアルミサイクルハウス 2.5S型というのがその商品です。通常の自転車なら2台分が入ります。

このハウスのおすすめポイントは
・骨組みにアルミを使用しているため、想像以上に丈夫なこと。
・組み立てが約15分で済むこと。
・自転車がすっぽり入ること。
・シートの耐久性に優れいること。
・物置としても使えること。

このアルミサイクルハウス、場所さえ確保できれば、すべてキットになっているので、設置は非常に簡単。大人2人で約15分が組み立てにかかる目安。屋根をつけることを考えても、非常に簡単に済ませられます。

ハウスというと、なんだか風で飛ばされてしまいそうなイメージもありますが、このアルミサイクルハウスは、骨組みがアルミ製で頑丈な作り。重量も9.3kgとあるため、多少の強風にも耐えられる作りになっています。巻き上げ式の出入り口も付いているため、ハウスを閉じることもできます。

ハウスのメリットは、自転車を使う際の出し入れが楽なこと。

自転車置き場に屋根を付ける替わりにハウスを設置することは、意外なメリットもあります。

というのも、ハウス型ですから当然自転車はすっぽりと入ります。となると、自転車を使用する際の出し入れが非常に楽だということ。

自転車の雨よけといえば、ほかに自転車に直接カバーを掛ける方法もあります。ところが、自転車にカバーをかける場合には、使用する際に、いちいちカバーを掛けたり外したりする必要があります。加えて、カバーに雨水がついていれば、服にかかってしまったりとストレスを感じることさえあります。

これを考えると、自転車をすっぽりと入れられるハウス型の方が、ストレスなく自転車を出し入れできることになります。

今回ご紹介したアルミサイクルハウスは、2.5s型ですが、これよりも小さいサイズや、物置としても使える大きなサイズも用意されています。

さらにこのシリーズの特徴ともいえるのが、骨組みに被せて使うシートが、標準・厚手・高耐久と異なる耐久性で3種類用意されており、使用目的や予算に応じて選べるようになっています。

アルミサイクルハウス、自転車置き場に屋根を付けたいとお考えなら、一度検討の価値ある商品です。

※商品名 アルミサイクルハウス 2.5S型(アルミス)
・サイズ 120cm×179cm×1610cm
・重量 9.3kg
・シート 高耐久ターポリンシート(耐久年数:約5~6年)
・材質 フレーム:アルミ/シート:ポリエチレン
・組立て 2名で約15分。
・JANコード/ISBNコード 4535601004202

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. TATEMU(たてむ)(バンドー株式会社)
  2. 粘土のように形が作れる不思議なプラスチックで作った戦車。
  3. プラフレンドとiPhone
  4. 脱いだスーツが邪魔なとき。
  5. 洗える製麺機 ウマくてご麺 VS-KE19(ベルソス)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP