料理革命 麺味膳(味膳)

インスタントラーメンを電子レンジ調理するための専用容器。

インスタントラーメン、調理の時間が無いときの強い味方になってくれるほか、懐かしさからか、たまに無性に食べたくなることもあります。

インスタントラーメンを作る際には、鍋にお湯を沸かして麺とスープを入れて煮る、というのが普通ですが、もっと手軽にできるのが、電子レンジを使っての調理。そこで今回は、電子レンジでインスタントラーメンを作るための専用容器をご紹介します。

「美味しく作れる」にこだわった、インスタントラーメン用の電子レンジ調理器。

もともとインスタントラーメンは、手軽に作れることが特徴の一つです。その手軽さを、さらに手軽にしようと思ったら、残されたのは電子レンジを使うこと。

とはいっても、普通の耐熱ボウルなどにインスタントラーメンと水を入れて、電子レンジにかけても、万遍なく火を通すことは至難の業。加熱はできても、熱の通りにムラがあるため、外側の麺はノビノビ、中は火が通っていない、ということになります。

そこで、電子レンジを使って上手くインスタントラーメンを調理できるように開発されたのが、麺味膳という専用容器。味膳から販売されています。

この麺味膳のおすすめポイントは、
・電子レンジを使って、ムラなく調理できること。
・より美味しく調理できるように工夫がなされていること。
・シリコーン製のため、割れることもなく、扱いやすいこと。
・火を使わないので、安全なこと。

麺味膳の使い方は、麺味膳の中に水、インスタントラーメン、スープの素を入れて、電子レンジに入れてスイッチを押すだけ。説明するほどのこともなく、使い方はいたって普通で簡単です。

これだけで所定の時間が経過すればインスタントラーメンが完成するわけですが、麺味膳の強みは、仕上がりが美味しい、ということにあります。

加熱のムラを防ぎ、麺の内部までも熱を加えることが、美味しさの理由。

麺味膳を使って、電子レンジでインスタントラーメンを作ると、鍋に水を張って調理するよりも、かえってコシのある美味しい仕上がりになるほどです。

まず、加熱時のムラを防ぐために、容器内の温度が上手く対流させ、加えて、フタで、麺やスープ、具材が浮き上がるのを防ぐ構造になっています。

また、電子レンジから発せられるマイクロ波を上手く利用しているのも特徴。マイクロ波が、麺の内部にまで浸透することで、麺の中に含まれる水分にも熱を加え、コシのある麺に仕上がるようになっています。

麺味膳の素材はシリコーン。素材としての安全性の高さも折り紙つきで、陶器やガラス、瀬戸物などと異なり、割れない、というのも使い勝手の良いところです。

たかがインスタントラーメン、されどインスタントラーメン。簡単、便利で、さらに美味しく仕上がる、電子レンジでの調理に麺味膳、おすすめのキッチングッズです。

※商品名 料理革命 麺味膳(味膳)
・容量 約1.2L
・サイズ 19.4×16.8×7cm
・材質 シリコーン
・耐熱温度 250℃
・耐冷温度 -20℃
・用途 インスタントラーメン調理用
・カラー 3種類(オレンジ・イエロー、ブラウン・オレンジ、イエロー・グリーン)
・JANコード/ISBNコード 4580398550036 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 業務用 ソリス ドライヤー
  2. wolffepack(ウルフパック)エスケープ
  3. ワイシャツの脇汗が目立たない!
  4. 中学生の勉強法 動画で授業が受けられる勉強サプリ。
  5. 調湿脱臭剤 DRYING EGG(soil)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP