充電式エアダスター SHUっとね(サンコー)

何度でも繰り返し使える、充電式のエアダスター。

細かいところの掃除に威力を発揮するのが、エアダスターです。エアダスターとは、スプレーのようにボタンを押すと、細目のノズルから空気が出て、ホコリを散らして綺麗にするものです。

このエアダスター、ホコリを取るのには非常に便利なものですが、難点は使い捨てタイプのものがほとんどであること。ガスを使って空気を噴出させるため、中身がなくなれば使用できなくなります。便利ではあるけれど、継続的な使用を考えると結構な費用になってしまいます。

そこで今回は、使い捨てタイプとは異なり、充電することで何度でも繰り返し使えるという、エアダスターをご紹介します。

充電式で繰り返し使えるエアダスターなら、遠慮せずに思い切り空気を噴出させることができます。

使い捨てタイプのエアダスターを使うときに、どうしても思ってしまうのが、もったいないと思いながらノズルを押すこと。残量を気にしつつ、遠慮しながらの作業になりがちです。となると、思っていた通りにはホコリは飛ばず、中途半端になってしまいます。

このエアダスターが、充電式で何度でも繰り返し使えるというのであれば、思い切って使えるはずだし、何よりランニングコストを掛けずに済む、ということで開発されたのが、SHUっとね、という充電式のエアダスター。レアものの取り扱いで人気のサンコーから販売されています。

充電式エアダスター SHUっとね(サンコー)のおすすめポイントは、
・充電式なので、何度でも繰り返し使えること。
・サッシや、キーボード、空気清浄機のフィルターなど、使用用途が広いこと。
・LEDライトが付いているので、暗い場所の掃除にも使えること。
・使用時に、エアダスター特有の臭いがせず、無臭であること。
・スプレー式と異なり、上下左右など様々な角度でも使えること。

充電するだけで、何度でも繰り返し使える、というのは、エアダスター界の革命といっても過言ではないほど。何しろ、買い替えの必要もなくなり、ゴミとして捨てる必要もなくなり、良いことづくめ。

初期投資として、本体の購入費用さえあれば、あとは微々たる充電にかかる電気代だけで済むので、コストメリットの非常に高い商品といえます。

何より、遠慮しながら使っていたエアダスターを、残量を気にせずに思い切り使えることが嬉しい。キーボードの隙間をはじめ、家中いたるところの掃除が捗ることは、間違いありません。

デメリットらしきものが見当たらない充電式のエアダスター。

何度でも繰り返し使える、充電式エアダスター SHUっとねは、スプレー式に比べてデメリットと呼べるものが見当たらないのが特徴。

例えば、使用時の角度にも制限がないこと。スプレー式の場合には、空気の吹き出し口を上にしなければならず、狭い所など、場所によっては使用できないこともあるなか、SHUっとねの場合にはガスを使用しないため、自由な角度で使用できるようになっています。

また、使用時に臭いがしないのも特徴。スプレー式の場合には、ガス式なのでやはり特有の嫌なニオイがするものが多いもの。その点、SHUっとねは無臭なので、臭いに敏感な人でも問題なく使えます。

さらに、SHUっとねは、本体にLEDライトが付いているので、少々奥まってホコリがあるかどうかが、よく見えない場所でも、ライトを当てながら空気を当てることができるようになっています。

万一の際の故障についても、1年間のメーカー保証がついているので、その点も安心といえそうです。

細かい所の掃除の強い味方ともいえるエアダスター、充電式のSHUっとねなら、遠慮することなく思う存分使えるのが間違いありません。

※商品名 充電式エアダスター SHUっとね(サンコー)
・サイズ 直径62×高さ196mm
・重量 462g
・付属品 本体、ACアダプタ(140cm)、ノズル、日本語説明書
・電源 ACより充電
・入力 100-200V 50/60Hz
・出力 DC15V/1A
・充電時間 約4時間半※環境により異なります。
・風速 200kph以上
・ノズル長 120mm
・ノズル口径 6mm
・保証期間 1年間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. シンプルだけど動きが美しい壁掛け時計、マニフォールドクロック。
  2. スマホ 液晶保護
  3. イスラエルのデザインスタジオが制作する3D時計 マニフォールドクロック
  4. ezegg レンジでうすやきたまご(曙産業)
  5. ボタンがとれてこまった そんなときはtic
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP