ブンブンエコライト(ランドポート)

電気も電池も不要な懐中電灯、防災への備えとしても最適です。

いざ、というときの備えに必要な懐中電灯ですが、注意したいのが、その電源です。万一のときには、電気が使えなかったり、乾電池が購入できなかったりするものです。

充電式や乾電池を使用するタイプの場合には、定期的に点検することが必要になりますが、それも忙しい日常の中ではついつい忘れがちになってしまいます。

そこで今回は、電気も電池も不要、本体を回すだけで充電ができるという、防災用品としてもピッタリな懐中電灯をご紹介します。

本体を振り回せば充電できる懐中電灯「ブンブンエコライト」。

万一のときに備えて準備をしておきたい懐中電灯ですが、万一のときは、電気が使えない、乾電池も購入できない、ということが予想されます。そこで、電気も電池も不要で、本体を振り回すことで充電ができる懐中電灯が、ブンブンエコライトという商品。ランドポートから販売されています。

このブンブンエコライトのおすすめポイントは、
・電気も電池も不要、いつでもどこでも振り回すだけで充電できること。
・10万回以上の使用が可能、長寿命であること。
・コンパクトサイズで軽量なので、持ち運びにも邪魔にならないこと。

このブンブンエコライト、見た目はコンパクトサイズの懐中電灯。ただし、乾電池を入れる場所もなければ、充電アダプターなどを取り付ける場所もありません。

なぜなら、使用するには本体を持って、ブンブン・グルグル振り回せば充電できるという、非常に不思議な懐中電灯です。

ブンブンエコライトを手に持って、約30秒間振り回せば、5分間点灯させることが可能になる、というもの。約5分後、さらに30秒振り回せば、さらに5分間点灯。これが、10万回以上繰り返せるという耐久性も抜群な懐中電灯です。

不思議な懐中電灯の仕組みは、電気を蓄えるコンデンサが内臓されていること。

電気も電池も不要な懐中電灯ブンブンエコライト、振り回すだけで充電されるというのは、非常に不思議ですが、その秘密は本体にコンデンサが内臓されていること。

電子部品の一種であるコンデンサは、電気を放出したり、蓄えたりするもの。それに本体を振り回すことで発生する遠心力を使い、充電させる仕組み。しかも、このコンデンサは非常に強力なタイプを使用しているため、10万回以上の使用にも耐えられる、というわけです。

ブンブンエコライト、重さは100gを切るほどで、非常に軽量なことも魅力のひとつ。防災グッズとしてはもちろん、キャンプなどアウトドアの際にも難なく持ち運びできる点でも、使い勝手がよいといえます。

注意すべきは、防水機能がついていないので、雨などの水分には要注意、加えて、ぶんぶん振り回すときに周囲の人に怪我をさせないように、といったところでしょうか。

いずれにせよ、電気も電池も不要、いつでもどこでも振り回すだけで使える懐中電灯、ブンブンエコライト、1つ用意しておいて損はなさそうです。

※商品名 ブンブンエコライト(ランドポート)
・電源 電気二重層コンデンサ(スーパーキャパシタ)
・材質 ABS、アクリル樹脂
・外形寸法 幅3cm×奥行14cm×高さ4cm(伸ばした状態22cm)
・重量 97g
・付属品 ストラップ1本付き
・JANコード/ISBNコード 4514713000845

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 1台3役のハンモック 3WAY自立式ポータブルガーデンハンモック &ハンモックチェア +One -WOOD-(Sifflus)
  2. 色が変わることで自分が受けた紫外線量がわかるリストバンド。
  3. 綿100%の着心地が楽しめて、汗染みの心配もいらないワイシャツ。
  4. ホールリーフを使った紅茶ブランド、ティーシェッド
  5. 人気の紅茶・ティーシェッド。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP