osaMaruue(オサマル~エ)(美創舎)

30枚の絵を収納もできる額縁、絵の保存場所に困りません。

こども達が、保育園や幼稚園、学校などで画いて持ち帰った絵は、写真と同じように大切にとっておきたいものです。絵は、その時々の感性が現われるものだけに、大人になってからなど、年月を経て再び見てみると、写真とは違った感慨深さや楽しさがあります。

とはいえ、悩みのタネとなるのは、画用紙に描かれたそれらの絵の保管場所です。クルっと丸めてクローゼットや押入れなどに入れたりするのが、一般的でしょうが、折れないように工夫しなければならないことや、何より場所を取ります。

そこで今回は、1枚の絵を飾れて、しかも30枚の絵が保管できるという、不思議な額縁をご紹介します。

額縁の裏に、30枚の絵を収納できる不思議な額縁、「osaMaruue(オサマル~エ)」。

表側から見ると、一見普通の額縁に見えるけれど、その裏側には収納ケースを収められるようにできているのが、osaMaruue(オサマル~エ)という額縁。

収納ケースには、画用紙30枚分を保管することができるので、こども達の作品を、折ったり、曲げたり、丸めたりすることなく、きれいなまま保管しておくことができます。

osaMaruue(オサマル~エ)のおすすめポイントは、
・こども達の作品に使用されることの多い、八切や四切の画用紙に対応していること。
・額縁として絵が飾れること。
・約30枚の絵を、裏側に収納できること。
・表側に飾る絵の差し替えが簡単にできること。
・フレームは木材を使用しており、自然な雰囲気が感じられること。
・表面のダストカバーがアクリルなので、万一の際にも飛び散る危険がないこと。

こども達が絵を持ち帰ったら、その絵は新しい作品として表側に飾り、今まで飾っていたものは、裏側のケースのそのまま収納する、という理想的な使い方もできます。

収納ケース付きの額縁、osaMaruue(オサマル~エ)は、四切と八切の画用紙に対応。この四切と八切は、保育園や幼稚園、学校などで一般的に使われる画用紙のサイズなので、こども達が描いた作品を飾ったり、保管するのに打ってつけ、というわけです。

また、立体的に作られた作品も飾れるように、フチとマットの間には空間が設けられているのも特徴の一つです。

木の温かみを感じられる木製素材、ガラスは未使用で安全にも配慮。

収納ケース付きの額縁、osaMaruue(オサマル~エ)の素材となっているのはパインの集成材。家具などでも人気のパイン(松)を使用しており、風合いに温かみが感じられます。

また、表の面のクリアカバー(ダストカバー)には、アクリルが使用されています。これは、万一、額縁を落としてしまったり、何かにぶつけてしまったりした際にも割れないため、ガラスに比べて安心して飾っておくことができます。

osaMaruue(オサマル~エ)は、額縁のプロが、幼稚園の園長先生と先生と共同開発したもの。額縁作りのプロとこども達の絵の扱いのプロの、技とアイデアを合わせて作り上げられている本格的な額縁。自宅用はもちろん、プレゼント用にしても喜ばれることは間違いのない額縁です。

※商品名 osaMaruue(オサマル~エ)(美創舎)
・カラー 2種類(ナチュラル、ブラウン)
・サイズ 縦572mm×横433mm×高さ34mm
・重さ 1.8Kg
・材質 パイン材の集成材、アクリル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 携帯用 ハンガー
  2. アイロンで簡単にポケットが増やせる!
  3. 東京FM クロノスでご紹介いただきました
  4. BRITA fill&go(ブリタ フィル&ゴー)
  5. マグニペン(サイモン)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP