穴があかない針なしステープラー ハリナックスプレス(コクヨ)

これから時代のホチキス、針のないタイプが主流になりそうです。

書類など、数枚の紙を綴じるために使う道具といえばホチキス。軽く握るだけで針が数枚の紙を綴じてくれる非常に便利なもので、オフィスはもちろん、家庭にも必ず1台はあるはずの超メジャー文具です。

大変便利なホチキスですが、使用するに際して唯一ともいえる悩みが、針が切れてしまったときに、替え針が無いこと。使い切ってしまったり、替え針をどこにしまったかを忘れてしまったなど、ついついありがちです。

そこで今回は、替え針が不要のホチキスをご紹介しますが、この針を使わないタイプのホチキス、年々売り上げが伸びているそうで、これからのホチキスの主流となる日もそう遠いものではなさそうです。

プレスすることで、数枚の紙を綴じることができる、新時代のホチキス。

ホチキスの針、買い置きがなくて使えない、ということがなくなる、これからのホチキスの主流となりそうなのが、針なしステープラー ハリナックスプレス。文具の大手メーカー、コクヨから販売されています。

数枚の紙を波型にプレスすることで、これまでのホチキス同様、しっかりと綴じられるようになっています。

穴があかない針なしステープラー ハリナックスプレスのおすすめポイントは、
・針を使わないので経済的であること。
・針やクリップがないので、束をまとめてもかさばらないこと。
・紙に穴が空かないこと。
・綴じた部分をこすることで、外れること。

このハリナックスプレス、何といっても針を使わずに紙を綴じることができるのが、一番の特徴。使い方は従来のホチキスと同様に、数枚の紙を挟んで押すだけ。針の買い置きなど、消耗品の類がまったくないので、いつでもどこでも使えます。

また、綴じる際には紙をプレスするだけなので、穴も開かず、綺麗な状態のままにできるのも嬉しいところ。綴じられた紙をばらして、連続コピーする際に、コピー機に詰まったりすることもありません。

書類の束を重ねてもかさ張らない、シュレッターにもそのまま入れられるなど、良いことづくめ。

ハリナックスプレスは、針を使わないホチキスということで、多くのメリットがある一方で、デメリットと呼べるものは見当たらないほど。

例えば、数枚が閉じられた書類の束を複数重ねると、通常のホチキスを使用した場合には針、クリップで綴じた場合にはクリップと、それらがかさ張ることで、綺麗に積み重ねることができません。

ところが、ハリナックス プレスを使えば、針がないので、当然その部分の厚みも紙本来のものだけ、書類の束でも綺麗に積み重ねることができます。

また、針など異物もないので、不要になった書類でも針を外すなど、余計な作業をせず、そのままそのままシュレッダーにかけられます。

一旦綴じた書類を外してバラバラにたいときには、綴じた部分を擦ることで簡単に外れるというのも魅力的です。

このハリナックスプレスは、通常のコピー用紙であれば5枚程度を綴じることができますが、同じ原理を使って、もっと多くの枚数が綴じられるものもシリーズとして販売されています。

良いことづくめの、針が不要で綴じられるホチキス、これからの時代の主流になりそうです。

※商品名 穴があかない針なしステープラー ハリナックスプレス(コクヨ)
・カラー 4種類(青、緑、ピンク、白)
・サイズ 34×95×85mm・
・とじ枚数 約5枚(コピー用紙・PPC用紙)
・とじ部寸法 1.6×10mm
・材質 レバーカバー・ミドルカバー・アンダーカバー:R-ABS/用紙挿入口:ABS/ストッパー:POM/リアカバ―:PP/本体:スチール
・JANコード/ISBNコード:4901480304465 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. マルチツール SWISSTECH(スイステック)のユーティリキー 6-in-1
  2. 真空コンビニカップ(パール金属)
  3. 屋外用 プリザーブドフラワー
  4. パラソルに被せて使うタイプの蚊帳、バグズシャット(スマートライフ研究所)
  5. 汗をかいても気にならないシャツ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP