子ども専用!秘密基地 すまいるキッズハウス(森井紙器工業)

こどもの秘密基地が段ボールで作れるキット。

子どもの頃、どこからか持ってきた道具や板、段ボールなどを集めてきて、小さな家や秘密基地を作った想い出ありませんか?子どもながらに、何だかワクワク・ドキドキと、非常に楽しかったものです。

今回ご紹介するのは、そんな楽しい思いを現代の子ども達にも味わってもらえる、段ボールで秘密基地が作れるキットをご紹介します。

段ボールで、オシャレで小さな家が簡単に作れるキット「すまいるキッズハウス」。

組み立てるだけで簡単に、段ボール製の小さな家が作れるのが、子ども専用!秘密基地 すまいるキッズハウスというキット。段ボールの製造・販売などを手掛けて100年近くという、段ボール界の老舗、森井紙器工業から販売されています。

こども達にとっては、差し詰め秘密基地となる家が、組み立て式で簡単に作れるようになっています。対象年齢は3歳からで、約80cm×80cm、高さが90cmと、小さなこども達であれば、出たり入ったりもできるサイズ、こども達はきっと大喜びです。

子ども専用!秘密基地 すまいるキッズハウスのおすすめポイントは、
・簡単に組み立てられるこおt。
・窓やポストなどのパーツ付きで、こども達が遊べる工夫がなされていること。
・折りたたんで収納できること。
・本体のほか、ボンドやテープなど必要な道具がセットになっていること。
・手を切ることがないように、段ボールの端が波型に加工されていること。

すまいるキッズハウスは、段ボール製で組み立てが簡単といえども、家としては本格的なもの。赤く塗られた屋根に加え、出窓やポストなども設置されています。

例えば、出窓を使ってお店屋さんごっこなども楽しめるし、ポストを使って郵便屋さんごっこなどもできるし、ほかにも、大人の想像を超えるこども達の豊かな発想力が楽しめるかもしれません。

折りたためるので、収納場所にも困らない。

すまいるキッズハウスは、購入後、一番初めはボンドや両面テープを使ってのちょっとした組立て作業が必要になるので、そこはこども達と一緒に楽しみましょう。必要なボンドやテープなどは、購入時にセットになっているので、別に用意する必要がないのは嬉しいところです。

すまいるキッズハウスの特徴でもあるのが、一度組立た家をそのまま折りたためること。遊び終わったら、たたんで収納しておけるので、邪魔になることもなく、同時に、こども達の遊びに対するメリハリも付けやすい。

段ボール製ということで、少々心配なのが、段ボールの端でこども達が手などを切ってしまうこと。これについも安全への配慮がなされており、段ボールの端が、鋭利な直線型ではなく、波の形のウエーブ型になっています。

こどもならではの豊かな想像力が発揮される秘密基地、すまいるキッズハウス。大人も一緒に遊ぶのもよし、また、一生懸命遊ぶこども達の姿を見ているだけでも楽しめそうです。

※商品名 子ども専用!秘密基地 すまいるキッズハウス(森井紙器工業)
・組立サイズ 82.5×81.5×高さ91cm
・梱包サイズ 93×76.5×5cm
・材質 ダンボール
・対象年齢 3歳〜
・セット内容 本体、ボンド1本、両面テープ1巻、取扱説明書
・生産 日本
・備考 組立式
・JANコード/ISBNコード:4582283320014

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ワレット忍者 ウォレット忍者
  2. アイスクーラーバッグ(共同紙工)
  3. 工事不要、家庭用ハンドドライヤー KAT-0550W(小泉成器)
  4. ズボンの裾上げ、どうしていますか。
  5. プラフレンドで作品を作って販売してみよう。
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP