グラッド プレス&シール マジックラップ(多用途シールラップ)

ほぼ真空状態を作り出せる強力なラップ、食品保存に便利。

肉や魚の切り身に野菜など、多目に買って冷蔵や冷凍する際には、ラップ(食品包装用フィルム)に包む、というのが一般的です。

ところが、よくある一般的なラップの場合、それほど接着力があるわけではないので、食材とラップの間には空気が入るため、鮮度を保つという意味では芳しい状態にはなく、また、その隙間から肉汁や魚の水分が垂れたり、冷蔵庫を汚してしまう場合があります。

そこで今回は、シールのように強力な接着力を持つ、不思議なラップをご紹介します。

食材を2枚のラップで挟み込めば、ほぼ真空の状態が作り出せるラップ「グラッド プレス&シール マジックラップ」。

例えば、ラップの上に肉の切り身を置いて、さらに上から、もう1枚ラップを被せる。肉を抑えつつ、外側に向けて肉の周りの空気を抜くように押し出すようにすれば、強力な接着力をもったラップ同士がくっつき、ほぼ真空状態を作り出せるという、不思議なラップが、グラッド プレス&シール マジックラップ

グラッド プレス&シール マジックラップのおすすめポイントは、
・片面に強力な接着力を持っていること。
・真空に近い状態で、食品を保存できること。
・ドリンクの入ったコップに使っても、こぼれないほどの接着力であること。
・木製、プラスチック製などにも接着すること。
・袋状にもできること。
・アメリカFDAを認可を受けており、安全性が高いこと。

グラッド プレス&シールの強い接着力は、片面に無数の小さなデコボコが設けられているなど、表面加工技術によるもの。そのため通常のラップでは接着しにくい木製やプラスチック製のほか、金属、紙などでも、ピッタリと接着するようになっています。

表面加工された面は、多少のザラつき感、接着感があるので、その面を接着させる側として使用します。

厳しい審査基準で知られるアメリカFDAの認可も取得、安全性にも配慮されています。

グラッド プレス&シール マジックラップは、接着力を持つ面に多少ベタつきを持っています。いってみれば糊(のり)のようにも感じられるため、使用に際して少々不安を感じる方もいらっしゃるとか。

ベタつき感の原因は、無数のデコボコが施されている表面加工によるもので、決して化学物質などが塗られているわけではなありません。

さらに、このマジックラップは、元々アメリカ生まれの商品。現地では、生活用品などが安全性に優れているかどうかの審査を行っているアメリカのFDA(食品医薬品局)の認可も取得しています。
元々、FDAの審査基準は厳しいことでも知られており、その点でも安心して使える、というわけです。

もちろん、一般的なラップに比べても少々値段は高いものなので、真空に近い状態で食品を保存したいときや、一般的なラップでは接着できなものなど、用途を限定して使うのが現実的になりそうですが、非常に便利であることは間違いありません。

※商品名 グラッド プレス&シール マジックラップ(多用途シールラップ)
・用途 食品包装用ラップフィルム(冷凍、冷蔵、電子レンジ、保管用)
・内容量 幅30cm×長21.6m巻
・パッケージサイズ 幅32.0×奥6.5×高6.5cm
・耐熱温度 100℃
・耐令温度 -30℃
・素材 ポリエチレン
・生産 アメリカ
・JANコード/ISBNコード:4560356270299

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. フェザー エフシステム サムライエッジ ホルダー 替刃2個付(フェザー安全剃刀
  2. フードハガーズ(Food Huggers)
  3. SUPERアカパックン お風呂用(恵川商事株式会社)
  4. 床拭きロボット ブラーバ380j
  5. プラフレンド 作品
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP