たためる水切り三角ポット 大 ピンクK109P(マーナ)

シンクの三角コーナー、たためるタイプなら邪魔になりません。

調理中に出た生ゴミなどを入れて、余計な水分を切るために使うのが、三角コーナー、三角ポット。

普通はシンクの角に据え置いて使うものですが、シンクが少々狭い場合には、それがかえって邪魔になり、シンク自体の使い勝手が悪くなってしまいます。

そこで今回は、非常に珍しい畳めるタイプの三角ポットをご紹介します。必要なときだけ広げて使えるので、手狭なシンクの場合に重宝します。

使用する際に、円錐形に組立てて使う三角ポット。

扇型のフラットな平面を、クルリと丸めるような感じで円錐形のように組み立てて使うタイプの三角ポットが、たためる水切り三角ポット。生活雑貨の製造・販売を手掛けるマーナから販売されています。

据え置き型の三角コーナーを置いてしまうと、少々邪魔に感じる手狭なシンクなどの場合に重宝します。

たためる水切り三角ポットのおすすめポイントは、
・たためる三角ポットなので、必要なときだけ広げられること。
・たたむとフラットな平面状なので、洗いやすいこと。
・吸盤付きで、シンクの空いたスペースに簡単に取り付けられること。
・吸盤を使えば、底面がシンクにつかないので、ヌメリなどの汚れがつきにくいこと。

フラットな平らな状態で保管できるので、使わないときでも収納場所に困ることがありません。

また、洗う際にはフラットな状態することで、隅々までしっかりと洗うことができます。据え置き型の三角コーナーの洗いにくさと比べても、手入れの楽さも特徴の一つです。

吸盤付きなので設置場所に困らず、底がシンクにべったり着かないのも衛生的。

たためる水切り三角ポットは、円錐の形に組立てて使用するわけですが、その上の部分には吸盤が付いており、シンクの空いているスペースにくっ付けられるようになっています。

この吸盤、タイルやステンレス、ガラスなど、光沢があり平らなところであれば、取り付けが可能。

何より嬉しいのは、吸盤を使って設置することで、三角ポット自体が宙に浮いた状態を保てること。シンクに直置きせずに済むので、底面がヌメったりすることなく、衛生的に使えます。

カラーはホワイト、ピンク、イエローなど優しい感じの色で全4色が用意されており、キッチンに合わせて選ぶことができます。

使用時には、粉ものや細かいカスなどをそのまま流すことのないように、通常の三角コーナーと同じように、市販の水切りネットをセットすることをお勧め。

生ゴミを溜めておくという以外にも、野菜専用に使ってもよいし、台所用スポンジ入れなどとしても使えます。たためる水切り三角ポット、いずれにしても、手狭なシンクを有効に活用できるという意味でもおすすめです。

たためる水切り三角ポット 大 ピンクK109P(マーナ)
・サイズ 幅18.3×奥行11.5×高さ25.7cm(組立時)
・重量 60g
・内容積 750ml
・耐荷重 500g
・素材 本体:ポリプロピレン/吸盤:塩化ビニル樹脂
・カラー ブルー、イエロー、ピンク、ホワイト
・生産 日本製
・JANコード/ISBNコード:4976404210917

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 人気のエナジードリンク
  2. 汗染みを防ぐ素材で作ったワイシャツ。
  3. 紫外線をどれくらい受けたかが分かるリストバンド
  4. ワレットニンジャ
  5. ペットボトル式加湿器(プリズメイト)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP