口臭が手軽に測れるブレスチェッカー

口臭が手軽に測れる口臭チェッカー、口臭対策の第一歩に便利です。

朝の出掛けや、日中の食事後、コーヒーを飲んだ後など、気になるのが口臭です。

歯を磨いたから大丈夫だと思っても、磨き残しや前日食べたものなどの影響で、ニオイが残ることが結構多いものなので、十分に気を付けたいところです。

口臭への対策をとるためには、まずは自分の口臭がどの程度なのかを知ることから始めよう、ということで、今回は手軽に使える口臭チェッカーをご紹介します。

口臭対策の第一歩、5秒で口臭レベルを判定してくれる口臭チェッカー。

まるで体温計のようにも見えるけれど、実は、息を吹きかけると口臭を測定してくれるというのが、口臭チェッカー ブレスチェッカー HC-212S。タニタから販売されており、口臭測定グッズとしては異例の人気になっています。

吸気口に向かって、息を吹きかえると、わずか5秒という短い時間で口臭を測定。結果は、6段階と思いのほか細かく表示されるので、その後の口臭対策に役立ちます。

口臭チェッカー ブレスチェッカー HC-212Sのおすすめポイントは、
・息を吹きかけてから、わずか5秒で口臭が判定できること。
・6段階と細かく判定してくれること。
・コンパクトなサイズなので携帯できること。
・実勢価格で、4,000円以下と手頃な価格であること。

わずか5秒という測定時間の短さなので、忙しい朝のお出掛け前、短い昼休みの終わり、商談前のトイレ、など、忙しいビジネスマンの方にとっても手軽に使えます。

また、サイズもコンパクトで、体温計やペンなどにも似た形。カバンの中はもちろん、スーツの胸ポケットにさえもすっぽりと入り、携帯性にも優れています。

口臭判定は6段階で評価、結果に応じて口臭対策がとれます。

口臭チェッカー ブレスチェッカーは、息を吹きかけると、口臭を判定してくれるわけですが、その評価はレベル0から5までの6段階。しかも、表示は見やすいイラスト付き。

測定してみて、口臭がキツイようであれば、歯を磨き直して、さらにタブレットを口する。それほどでもなければ、うがいだけをしておく、など評価によって、適切な口臭対策がとれるようになります。

現在の実勢価格は4,000円を切るほどと手ごろな価格。一度購入すれば、使用可能期間は、1年間もしくは500回。これはセンサーの寿命によるもの。

自分の口臭がどうなのか、疑心暗鬼で済めばそれに越したことはありませんし、臭うようであれば、しっかり対策をとればよい。

口臭チェッカー、いずれにしても1度使ってみて、自分がどの程度の口臭なのか、知っておいて損はありません。

※商品名 口臭チェッカー ブレスチェッカー HC-212S(タニタ)
・付属品 単4アルカリ乾電池×1本、取扱説明書
・サイズ D112×W19.6mm×H17.2mm
・重量 約32g(電池を含む)
・主材質 本体:ABS樹脂/レンズ:PMMA
・検知方式 半導体ガスセンサー
・判定表示 0~5レベル(6段階表示)
・使用温度 5℃〜35℃
・センサー寿命 500回測定または購入後1年経過
・JANコード/ISBNコード:4904785621206

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 針と糸を使わずにボタンがつけられる魔法の道具 tic
  2. プロパンガス会社の無料一括見積りサービス「エネピ」
  3. 革靴の色を変える、カラーチェンジキット ブラック(コロンブス)
  4. ウインブルドン 公式グッズ
  5. メンズファッション ランキング1位を獲得したワイシャツ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP