くつ乾燥機 ブラウン SD-4546BR(TWINBIRD)

靴用の乾燥機、湿ったスニーカーが30分で乾かせます。

通勤、通学中に雨や雪で濡れた革靴やスニーカー、そのままにしておいても、気温の高い夏でも思った以上に乾かない、なんていう経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

やはり、靴はその形状から乾くまでに相当な時間が掛ります。そこで今回は、1台持っておきたい靴用の乾燥機をご紹介します。使い方も簡単で、湿ったスニーカーなら約30分ほどで乾かすことができるので、非常に便利な商品です。

靴用の乾燥機、スニーカーや革靴など、種類を問わずに使えます。

革靴やスニーカーが雨に濡れてしまったとき、また、お子さんの上履きを洗ったときなど、靴を乾かすには想像以上に時間がかかるものです。

ハンガーに掛けて干したり、陽の当たるところに立掛けておくなどしても、雨が続いていたり、気温の低い季節の場合には、やはりなかなか乾きません。

次に使うまでに時間があればよいのですが、明日その靴を履きたい、学校に上履きを持って行く必要があるときなどには、非常に困ります。

そこで重宝するのが、TWINBIRDから販売されている、くつ乾燥機という、ネーミングそのままに靴用の乾燥機です。スニーカーはもちろん、革靴やブーツなど、靴の種類を問わずに使えるので、1台あると非常に便利です。

くつ乾燥機のおすすめポイントは、
・2つの乾燥モードを使い分け、スニーカーのほか、革靴などにも使えること。
・収納場所に困らないコンパクトなサイズであること。
・タイマーをセットしておけば、自動で電源が切れること。
・実勢価格で5,000円を切っており、手頃な価格であること。

一般的なスニーカーであれば、湿っている場合にはわずか30分。しっかりと洗った場合にも50分あれば、表面はもちろん、スニーカーの中までしっかりと乾かすことができます。

デリケートな革靴の場合には、標準モードとは別に用意されている革靴モードを使用。

革靴モードは、革を傷めないために、メーカー推奨の時間制限が約20分ほどですが、湿った場合にはそれで十分。革靴の場合にはを丸々洗うこともないので、その点の心配も無用。帰宅後にくつ乾燥機を使えば、翌日に気持ちよく履いていけます。

使い方も簡単で、コンパクトなサイズで収納にも困りません。

靴用の乾燥機といっても、使い方はいたってシンプル。電源コードにつないで、左右2つの送風口に靴を挿し込むだけ。

あとは、濡れ具合に応じてタイマーをセットすれば、時間がくれば自動的に電源が切れるというのも、便利であると同時に、安心して使える点。

また、くつ乾燥機の大きさは、15cm×9cm×22cmと非常にコンパクト。玄関脇や下駄箱に置いておいても邪魔にならないサイズで、折りたたみ式のスタンドも付属しているので、収納にも困りません。

靴を乾かしたいときに、わざわざドライヤーを当てたり、ストーブの前に置いておいたりする必要がなくなる、くつ乾燥機、1台あると間違いなく便利です。

※商品名 くつ乾燥機 ブラウン SD-4546BR(TWINBIRD)
・サイズ 約150×90×220mm
・重量 約670g
・電源 AC100V 50-60Hz
・消費電力 標準モード時:150W/革靴モード時:135W
・切替スイッチ シーソースイッチ
・ヒーター コイル式マイカヒーター
・温度過昇防止装置 温度ヒューズ式(121℃)
・タイマー ゼンマイ式 120分
・カラー 2種類(ブラウン、レッド)
・JANコード/ISBNコード:4975058454623

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ウォールステッカー。
  2. オーラストーン
  3. シンプル ペーパータオルホルダー
  4. ペイントペン
  5. プロジェクト耐水ノートB6(オキナ)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP