スマートフォン用電磁波防止シール WAVESAFE(ウェーブセーフ)

スマホからの電磁波が心配なら貼っておくべき、電磁波防止シール。

様々な電化製品から発せられている電磁波。この電磁波について、日本では政府や地方公共団体などの、公的機関から電磁波についての勧告が出されてはいませんが、世界の国々を見渡せば、対象を限定したうえで、電磁波を発する電化製品の使用制限などが公的に勧告されているところもあります。

例えば、イギリスでは、16歳未満の子どもに対しては、携帯電話・スマートフォンの使用を控えるように勧告。

また、フランスでは、妊婦さんに対して携帯電話やスマートフォンを腹部に近づけないようにすることや、やはり16歳未満の子どもに対しては携帯電話の使用を控えることが、勧告されています。

このように、スマートフォンをはじめ、電化製品が発する電磁波を浴び続けることで、身体に対して、将来なんらかの影響を及ぼすとういのが、世界的な潮流になっています。

そこで、今回は自己防衛、というわけではないですが、スマートフォンが発する電磁波の影響を弱めるためのグッズをご紹介します。

電磁波の通り道を変えることで、頭への影響を抑えるための電磁波防止シール。

スマートフォン本体とそのケースの間にシールをセット。すると、電磁波の流れが変わり、電磁波が頭を通るのを防ぐというのが、ウェーブセーフというスマートフォン用電磁波防止シール。

シールタイプなので、使い方も非常に簡単。手持ちのスマートフォン用ケースに貼って、あとは普通にスマートフォンをセットするだけ。

スマートフォン用電磁波防止シール ウェーブセーフのおすすめポイントは、
・スマホケースに貼るだけで、電磁波の頭への被ばくを1/10に減らせること。
・電磁波の流れを変えるだけなので、通話品質を落とさないこと。
・シールが破損しなければ、半永久的に使えること。
・電磁波理論に精通した研究者が開発したものであること。
・データも一般に公開しており、信頼できること。

このスマホ用電磁波防止シール ウェーブセーフのポイントは、スマホが発する電磁波の量を抑えるものではなくて、電磁波の流れを変えることにあります。

スマホで通話する際、通常電磁波は、スマホから発せられ、そのまま頭を通るため、頭部被ばくということになります。

この点、ウェーブセーフは、電磁波の流れをスマホを持つ、手の方向に替えることで、頭部被ばくの量を1/10までに抑えられるように作られています。専門用語でいうところの、導波器ということになります。

電磁波対策をした方がよいのは、間違いなさそうです。

スマホ通話による電磁波の頭部被ばくの影響は、将来の脳腫瘍に罹患する確率が上がるという研究者もいるほどで、なるべく避けたいものとされています。

イギリスやフランスなどで、16歳未満の子どもに対してスマホや携帯電話の使用を控えるように勧告がだされているのは、そのためです。

事実、アメリカやヨーロッパでは、スマートフォンや携帯電話の取り扱い説明書に、1.5cm以上は身体から離して使用すること、などの注意書きがなされているメーカーもあるほどです。

日常的に人間が電化製品を使うようになってからは、まだ日も浅く、携帯電話やスマートフォンにいたっては、ここ20年ほどのものです。

実際に電磁波が身体に及ぼす本当の影響というのは、これから徐々に明らかになるでしょうが、それもまだかなり先のことだと言わざるを得ません。

ただ、危険を及ぼす可能性があると提唱している研究者も多く、またレベルの違いこそあれど、勧告を出している国もあることから、ある種の対策をとっておいた方がよいのは、間違いなさそうです。

まずは、現代一番身近に電磁波を発するものといえるスマートフォンの対策から、ウェーブセーフで始めてみませんか。

※商品名 スマートフォン用電磁波防止シール WAVESAFE(ウェーブセーフ)
・本体重量 W5.8×H7.8cm
・サイズ 2g
・生産 日本
・JANコード/ISBNコード:4562221900034

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 最大折り畳み傘 直径126cm 3段折(小宮商店)
  2. マルチ立方体(キューブ)の電源タップ パワーキューブ
  3. 汗をかいても気にならないシャツ。
  4. うんち
  5. ひんやりタオル 人気
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP