即席ラーメンメーカー ベーシック(SKATER・スケーター)

インスタントラーメンを電子レンジで調理するためのグッズ。

カップラーメンよりも手頃な価格で買えるたり、最近ではご当地ラーメンなど、地域特産の素材を使ったものも販売されているのが、袋に入ったタイプのインスタントラーメンです。

ところが、袋入りのインスタントラーメンは鍋を作るのが一般的ですが、鍋にお湯を沸かして、丼を用意して、となると、少々面倒に感じてしまい、利便性という意味では、やはり、カップラーメンに軍配が上がります。

そこで今回は、電子レンジでインスタントラーメンが作れるグッズをご紹介します。出来上がれば、そのまま丼としても使えるのも魅力的です。

お湯を入れて3分間、電子レンジでインスタントラーメンが作れます。

容器に水かお湯を入れて、インスタントラーメンを入れて、そのまま電子レンジに入れて、お湯の場合には3分、水の場合には7分。

出来上がったら添付のスープを入れてかき混ぜれば、ラーメンが完成、容器がそのまま丼になるので、あとは食べるだけ、というのが、スケーター 即席ラーメンメーカー ベーシックという商品。インスタントラーメン専用の電子レンジ調理器で、スケーターから販売されています。

即席ラーメンメーカー ベーシックのおすすめポイントは、
・電子レンジを使って3分でインスタントラーメンができること。
・容器本体がそのまま丼になるので、洗い物が減ること。
・湯切り口が付いているので、焼きそばにも使えること。
・本体に厚みを持たせているので、丈夫さ、持ちやすいこと。

もちろん、本体自体は食べ終わったら洗う必要がありますが、鍋や丼を用意する必要もなく、電子レンジのタイマーを使えば、コンロの前で火加減を見ている必要もないので、インスタントラーメン派の方にとっては、便利なグッズといえそうです。

本体のフタ部分には、お湯を切るための湯切口も付いているため、汁物のラーメンのほか、焼きそばや、つけめんにも使えるようになっています。

パスタ用、野菜用なども販売されています。

即席ラーメンメーカー ベーシックの販売元であるスケーターは、インスタントラーメン用以外にも、同種のパスタ用、野菜用など、やはり電子レンジ用の調理グッズを販売してます。

パスタ用は、麺を計量するための穴が付いているなどの工夫もあり、加熱後にはレトルトソースを混ぜるだけで食べられるので、一人暮らしの方や忙しい方にも最適です。

ちょっと小腹が空いた、受験生の夜食、給料日前の節約メニューなどに重宝するインスタントラーメン、手軽な食材をさらに手軽に食べるための、即席ラーメンメーカー ベーシック、おすすめです。

※商品名 スケーター 即席ラーメンメーカー ベーシック
・サイズ 225×190×80mm
・重量 259g
・材質 ポリプロピレン
・原産国 日本
・容量 1.2L
・メーカー型番:UDR1
・JANコード/ISBNコード:4973307123610

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. Extraverso(エクストラヴァーソ)
  2. D-STYLIST ふっくらメガたこ焼き(D-STYLIST)
  3. 最高の加湿器、カドー 超音波式加湿器 HM-C610S(cado)
  4. 3D時計
  5. ドクターベックマン ステインペン(Dr.Beckmann)
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP