真空コンビニカップ(パール金属)

コンビニのコーヒーを保温するための真空断熱カップ。

本格的に寒くなってきているせいもあり、以前にもまして、コンビニ各社でホットコーヒーを買う方が目立つようになりました。

コンビニコーヒーは、手頃な値段の割には、味も香りもよく美味しいのですが、これからの季節に気になるのが、寒さの中で、コーヒーの温度が温くなってしまうこと。せっかく熱いコーヒーを買っても、直ぐに温くなってしまいます。

そこで今回は、コンビニコーヒー用の真空断熱カップをご紹介します。以前に、USBを電源とするコンビニコーヒーウォーマーをご紹介しましたが、また違ったタイプの商品です。

カップごと入れるだけでしっかり保温、コンビニコーヒー用の真空断熱カップ。

出勤途中にコンビニに立ち寄り、コーヒーを購入。オフィスに着いたら、コーヒーカップごと入れておけば優れた保温効果を発揮する、というのが真空コンビニカップという、コンビニコーヒー保温用のカップ。パール金属から販売されています。

真空コンビニカップのおすすめポイントは、
・真空断熱構造なので、保温性・保冷性に優れていること。
・コンビニコーヒーのカップサイズにぴったりなサイズであること。
・車のドリンクホルダーにもピッタリ合うサイズであること。
・アイスコーヒーにも使えること。
・保冷の場合には、外周に水滴ができにくい作りになっていること。

真空断熱は、今や水筒などではお馴染みの技術・構造ですが、カップの壁が中を空洞にした二重構造。

中の部分が真空になっていることで、空気を介して熱が伝わることを防いでいるため、中身が熱ければ、そのまま熱く、冷たいものであれば、冷たいまま温度を保てるというもの。

寒い冬にはホットコーヒーを、暑い夏にはアイスコーヒーを入れておけば、長時間コーヒーの温度を保てるので、コンビニコーヒー派の方にはおすすめのカップといえます。

車のドリンクホルダーにも合うサイズ、ドライブの際にも使えます。

真空コンビニカップは、コンビニコーヒーのカップがそのまま入るサイズに作れていますが、実はこのサイズ、車のドリンクホルダーにもピッタリ合うサイズ。

なので、自宅やオフィスではもちろん、ドライブ中にコンビニに立ち寄ってコーヒーを購入したときにも使うことができます。

もちろん、真空断熱だけあって、ホットコーヒーだけはなく、アイスコーヒーにも使え、冷たさを長持ちさせる効果があります。加えて、冷たい物を入れた際に発生する水滴も、できにくいような構造になっています。

真空コンビニカップ、コンビニでコーヒーを購入した際に、カップごと入れられる、と紹介してきましたが、塩分の入ったものでなければ、直接入れることも可能なので、使用用途も広いといえます。

これから増々寒くなります。熱いコーヒーを少しでも熱く保つために、真空コンビニカップ、おすすめです。

※商品名 真空コンビニカップ(パール金属)
・サイズ 直径8×高さ9.5cm
・材質 ステンレス鋼(外面 焼付塗装)
・メーカー型番 HB-1336
・満水容量 約290ml
・JANコード/ISBNコード:4549308518955

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 使ってみたいシャンプー、ランキング1位のお試しセット。
  2. スマホで解錠ワイヤーアラームロック(サンコー)
  3. インクの使用量を最大75%削減、InkSaver
  4. 指紋認証リーダー FP-RD3(サンワサプライ)
  5. フィルムスキャナー 400-SCN024
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP