セラミックお茶ミル CM-50GT(京セラ)

お茶の葉を粉末にするためのセラミック製のミル。

一息つく際の飲み物として、コーヒーや紅茶もよいものですが、日本茶、緑茶も捨てたものではありません。緑茶の高い香りと深い味わいは心も身体も癒してくれます。

ところが、今一つ緑茶を飲む習慣にならない理由の一つが、緑茶を飲むためには、急須を用意する必要があることです。

急須を用意し、また、当然ながら飲み終わった後には、急須を洗うなど手入れの必要もあり、少々面倒に感じる方も少なくないはずです。

そこで今回は、緑茶の茶葉を粉状にするためのミルをご紹介します。粉末にすることで、急須を用意することなく、手軽に緑茶が飲めるようになります。

グルグル回すだけ、手軽に使えるハンドル式の緑茶の茶葉用ミル。

本体にお茶(緑茶)の葉を入れて、ハンドルをグルグル回すだけで、茶葉を簡単に粉末状にできるというのが、京セラから販売されている、セラミックお茶ミル CM-50GT

緑茶の茶葉を粉末状にすることで、湯のみにお湯を注げばよいだけになり、急須を用意することなく、手軽にお茶が飲めるようになります。

また、飲むお茶としてだけではなく、料理やお菓子作りにも、抹茶のように使えるので、元々口当たりがあまり良くない茶葉の使用用途がグンと広がります。

セラミックお茶ミル CM-50GTのおすすめポイントは、
・茶葉を簡単に粉末状にできること。
・急須を用意することなく、手軽にお茶が飲めるようになること。
・臼(うす)式なので、粉末の細かさを調整できること。
・茶葉よりも、お茶に含まれるカテキンなどの栄養分が摂れること。
・粉末にすることで、料理やお菓子作りにも使えること。

セラミックお茶ミルは、ハンドルを回すことで、本体内部に設けられた臼が回転して茶葉を粉末にするという、臼方式を採用。

仕上がりの粉末の粗さの調節は、ツマミ一つでできるようになっており、口当たりのよいキメ細かさから、料理に使用する際に重宝する少々粗さが残る程度にまで、自在に切り替えが可能になっています。

本体は臼の部分も含めて、分解可能な作りのため、使用後の手入れも、さほど手間になるようなこともありません。

緑茶の栄養素を丸ごと摂取できることも魅力的。

急須を用意することなく、手軽にお茶が飲めるようになる、というのが、ミルを使って緑茶の茶葉を粉末状にするメリットといえますが、加えてもう一つ、緑茶の栄養素を丸ごと摂取できることも見逃せません。

緑茶に含まれる栄養成分の代表格といえば、カテキンです。抗酸化作用、脂肪燃焼、殺菌作用など、カテキンには、様々な効果があるとされていますが、実は、急須から注いだお茶の場合、茶葉にカテキンが残ってしまうこともあり、効率的に摂取できている言い難い面もあります。

その点、粉末状にしたものを体内に摂取することで、このカテキンを摂取できる量は、2.3倍にもなるとする調査結果も出ているほどで、他の栄養分についても、同じようなことがいえます。

急須を用意せずに、手軽にお茶を飲めて、さらに、カテキンを始めとするお茶の栄養成分を効率的に摂取できる、一石二鳥のお茶用ミル。

確かに、ミルを使って粉末にするので、手間がまったく無くなるわけではありませんが、それを考慮しても余りある効果があるといえそうです。

※商品名 セラミックお茶ミル CM-50GT(京セラ)
・サイズ 94mm×154mm
・重量 250g
・材質 臼:セラミック磁器/本体:ポリプロピレン、ポリアセタール、鉄(三価ブラック)、AS樹脂/
ハンドル材質:鉄(錫コバルトメッキ三価クロメート)、ポリプロピレン
・耐熱温度 70℃(樹脂部)
・JANコード/ISBNコード:4960664732029

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 3D時計 マニフォールドクロック
  2. 子供用虫除けシャツ
  3. お財布にコレがあれば怖くない
  4. 風呂用ブックカバー ユウブミ(湯文)
  5. ジーンズとシューズのコーデを便利にするグッズ
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP