ナイロン用補修シート 透明(KAWAGUCHI)

ダウンジャケットに穴が開いたときの応急処置用シール。

冬のアウターの定番といえば、ダウンジャケット。ここ数年は薄手のタイプもの販売されていますが、それでも着るとそれなりにモコモコします。

すると、ちょっとした箇所にに引っ掛けやすくなるせいか、事実ダウンジャケットに小さな穴、いわゆるカギザキができてしまうことが多々あります。

そこで今回は、ダウンジャケットに穴を開けてしまったときの、応急処置用のシールをご紹介します。シールタイプなので面倒な手間が掛らないのが特徴です。

ダウンジャケットに開いた穴を、シールで塞ぐ「ナイロン用補修シート」。

ダウンジャケットに知らないうちに、穴が開いていたらしく、気がついたら中身のダウンがフワフワと、自分の周りを舞っていた。ダウンジャケットにまつわるよくある話です。

せっかく買ったダウンジャケット、値段もそれなりのものが多く、簡単に買い直すというわけにはいきません。そこで、そういうときに使いたいのが、ナイロン用補修シート 透明、という補修グッズ。手芸、ソーイング、補修用品のKAWAGUCHIから販売されています。

ナイロン用補修シートのおすすめポイントは、
・シールなので、貼るだけで使えること。
・ダウンコートやレインコート、傘など、ナイロン製のものに使えるため、用途が広いこと。
・接着後は、水洗いもできること。
・透明のほか、半透明や黒、紺など、色のヴァリエーションがあること。
・実勢価格で300円前後と手頃な価格で購入できること。

ナイロン用補修シートは、元々、手芸用品や衣類の補修用品を製造・販売しているKAWAGUCHIの製品だけあって、貼ったときの補修跡が目立たないように作られているのが大きな特徴。

透明のほか、半透明、黒、白など様々な色が用意されているので、補修したい素材に合わせて選ぶことができます。

サイズに合わせてカットして貼るだけ、と使い方は簡単。様々な用途に使えます。

使い方は簡単。1枚が7cm×30cmのシート状になっているので、穴のサイズに合わせてカットして、シールのように貼り付けるだけ。アイロンやドライヤーなどを使って熱を加える必要もありません。

補修シートを付けたあとは、洗濯など水洗いもできるので、通常の用途としての使用に制限もかかりません。

今回はダウンジャケットに開いた穴を補修するグッズとして紹介していますが、もちろん他の用途にも利用が可能。

例えば、ウインドブレーカーやレインコート、傘などの、ちょっとした穴やキズも綺麗に補修することができます。

穴が開いてしまって着られなくなったダウンコート、クローゼットから取り出して、ナイロン用補修シートで穴を塞げば、もう一度着られるようになるかもしれません。

※商品名 ナイロン用補修シート 透明(KAWAGUCHI)
・内容量 1枚入り
・サイズ 幅7cm×長さ30cm
・シート色 透明
・材質 布:ポリウレタンフィルム/接着樹脂:アクリル系接着樹脂
・備考 透明のほか、半透明や紺など数種の色が用意されています。
・JANコード/ISBNコード:4972440930482

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 汗染みを防止するために作られたワイシャツ。
  2. 駐車場を事前に予約できる「akippa(あきっぱ!)」
  3. 屋外用 プリザーブドフラワー
  4. 環境にやさしいサーフワックス
  5. フレッシュマックスシャツ
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP