窓際あったか 発泡ボード ライトスリム L(USER)

窓際の寒さ対策に、冷気の進入を防ぐためのボード、暖房効率が高まります。

間もなく本格的な冬、エアコンやヒーター、ストーブなどの暖房器具が欠かせい季節になります。

寒さを凌ぐために必要なこれらの暖房器具ですが、使いながらも常に頭から離れないのが、電気代やガス代などの光熱費です。冬の時期は、請求金額を見てびっくりすることもあるほどです。

こういった暖房にかかる光熱費は、少しでも節約したいところですが、そのための方法の一つが、部屋の暖房効率を上げることです。

そこで今回は、窓から入る冷気の進入を防ぐための、断熱ボードをご紹介します。設置のための特別な作業などが不要の、簡単に使える商品です。

窓際に立掛けておくだけ、冷気の進入を防ぐ発砲ボード。

置くだけで簡単に窓際の寒さ対策ができるのが、窓際あったか 発泡ボードという商品。生活用品などの製造・販売を手掛けるユーザー株式会社から販売されています。

この窓際あったか 発砲ボードは、厚み5mmの発砲ポリエチレン製のボード。厚みがあるため自立させておくことができ、そのまま窓際に立掛けておくだけで、外からの冷気の進入を防ぎ、部屋の暖房効率を高めるというもの。

設置するのに工事はもちろん、シールやシートのように貼ったり、付けたりする作業も必要がありません。強いて言えば、窓に合わせてハサミを使ってカットする、サイズ調整程度、誰でも簡単に使えるのが大きな特徴です。

窓際あったか 発泡ボードのおすすめポイントは、
・窓からの冷気の進入を防げること。
・自立式なので設置は立掛けるだけ、工事や作業が不要なこと。
・ハサミでカットできるので、必要なサイズに調整できること。
・折り畳めるので、収納する際にも場所を問わないこと。
・デザインが数種用意されており、好みに応じて選べること。

隙間からの冷気の侵入を防ぎ、暖房効率を高めます。

真冬の窓際の寒さは、近寄りたくないほど冷たくなります。これは、外の冷気が窓を伝って入ってくるためで、窓を閉めていても関係なく、窓やサッシのほんのわずかな隙間から入ってきます。

さらにいえば、雨戸やシャッターなどをすれば、多少違うと思いきや、実は冷気の進入という意味では、雨戸やシャッターはさほど効果を発揮しません。窓以上に隙間があるからです。

そこで、このボードを置くことで、窓の隙間からの冷気の進入を防ぎ、ほんのわずかに入る冷気は、ボードを窓の間に滞留させることができる、というわけです。

ボードのデザインは4種類用意されており、シンプルな白や冬らしいスノーの絵柄など好みに応じて選べ、さらに、サイズも大きな窓用まで販売されているので、窓のサイズに合わせて購入すれば、サイズ調整の手間も省けます。

寒い季節が終わり、不要になったときには、畳んで収納できるように折りたたみ式を採用しているのも、嬉しい点。

冬の窓際の寒さ対策をして、いかに暖房にかかる電気代、ガス代、灯油代を減らせるか、窓際あったか 発泡ボードをつかってチャレンジしてみてはいかがでしょう。

※商品名 窓際あったか 発泡ボード ライトスリム L(USER)
・サイズ 60cm×2.05m×厚さ5mm
・重量 250g
・素材 PETフィルム(中素材:発泡ポリエチレン)
・耐熱温度 約60℃
・その他 各サイズ、各デザイン有り
・メーカー品番 U-P172
・JANコード/ISBNコード:4979305076552

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. サンナホル WMローションお試しセット
  2. WM洗顔フォーム&クレンジング・遙
  3. 人気の紅茶ブランドティーシェッド
  4. 最大折り畳み傘 直径126cm 3段折(小宮商店)
  5. キッズ用水着なら泳ぎをサポートしてくれるスイムセーフがおすすめ。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP