カンガルーランドリーエプロン(コジット)

洗濯物を干すのが楽になるグッズ、腰痛やひざ痛の方にもおすすめです。

洗濯をする際に、一番苦労することといえば、洗濯機で洗い終わった洗濯物を干す作業です。

洗濯物を干す際には、カゴに入れた洗濯物を、物干しやハンガーに掛けていくわけですが、1枚干しては腰や足を折って曲げてと、健康な方でも、この作業を繰り返すのは少々辛いものです。

そこで今回は、洗濯物を干す作業が、少し楽になるアイデアグッズをご紹介します。主婦の方のアイデアから商品化されたものです。

洗濯物をお腹に抱えて、そのまま干せるエプロン、カンガルー気分で楽に干せます。

洗濯が終わったら、洗濯物をカゴに入れずに、エプロンのお腹側のポケットに入れる。そして、そのまま干す場所に直行して、ポケットから洗濯物を取り出して干す。

これなら、足や腰を曲げたり折ったりせず、立ったまま洗濯物が干すことができる、というのが、カンガルー ランドリーエプロンという商品。アイデア雑貨メーカーのコジットから販売されています。

エプロンのお腹側に、洗濯物が入れられるほどの大き目なポケットが付いているのが、カンガルーというネーミングの由来になっています。

カンガルーランドリーエプロンのおすすめポイントは、
・お腹についたポケットに、5kgまでの洗濯物が入ること。
・肩に重さを感じないように、肩ひもが幅広であること。
・エプロン自体は、頭からスッポリ被れること。
・洗濯物が溜まるポケットの底は、乾燥しやすいメッシュ素材が使われていること。

カンガルーランドリーエプロン、お腹のポケットに入れらるのは、5kgまでの洗濯物。一度で運ぶ洗濯物として十分なほどかなりの強度のある作りになっています。

5kgの洗濯物というと、少々重さを感じる心配もありますが、その点、身体に掛かる負担が少なるように、肩ひもが幅広に作られており、荷重は分散されるため、想像以上に軽く感じるはずです(ただし、首や肩に痛みのある方は、注意が必要です)。

細かい工夫がなされているのは、主婦の方のアイデア。

カンガルーランドリーエプロンは、楽に洗濯物を干したい、というところからスタート。そこから、主婦の方のアイデアを取り入れて商品化されたもの。そのため、お腹にポケットという最大の特徴以外にも、随所に細かい配慮がなされています。

まず、ポケット部分については、濡れた洗濯物を入れるので、当然、ポケットの底には水が溜まります。そこで、ポケットの底の部分には、通気性が良く乾きやすいメッシュ生地を採用しています。

また、サイドのポケットは、洗濯バサミなどもたっぷり入るように大きめに作られており、さらに、雑巾やタオルなどを掛けておけるタオルループも装備されています。

洗濯物を干すのが面倒なので、なかなか気が進まず、洗濯物は溜まる一方。そういう方におすすめな、カンガルーランドリーエプロン、洗濯物を干すのが苦にならなくなります。

※商品名 カンガルーランドリーエプロン(コジット)
・材質 本体・メッシュ部分:ナイロン100%/パイピング部分:ポリエステル100%
・サイズ エプロン丈60cm
・適応サイズ フリーサイズ
・ポケット耐荷重 5kg
・備考 妊娠中の方及び首や肩を痛めている方は使用しないでください
・生産 日本
・JANコード/ISBNコード 496913301520

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. Joseph Joseph ネストスチーム
  2. ボードにペイントするなら発色の良さで選びたい。
  3. スカルプドライヤー
  4. ポータブル スーツ ハンガーを使ってみた。
  5. 自分で作る箸置き。
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP