ペン型スキャナー 400-SCN031(サンワダイレクト)

超小型のスキャナー、なぞって使うペン型スキャナー。

資料や雑誌、ノートの文字をスキャンして、データ化したい機会は、ビジネスでもプライベートでも、意外と多いものです。

最近では、そういった需要も多いせいか、家庭用のスキャナもコンパクトなサイズのものも販売されるようになっています。

そんな中、今回ご紹介するのは、スキャナーの常識を覆すといえるほどの超小型、ペン型のハンディスキャナーです。場所を取らないばかりか、スキャンしたデータをスマホに転送できるなど、様々な便利な機能も付いています。

ペンのように持ってなぞればスキャンができる、ペン型スキャナー。

太いマジックペンほどの大きさで、データ化したい部分を手に持ってなぞれば、スキャンできるというのが、ペン型スキャナー 400-SCN031、サンワダイレクトから販売されています。

一般的なスキャナが小さくなったとはいえ、それでもやはり据え置きタイプが主流のスキャナにおいて、ペン型という、非常にコンパクト、かつ画期的なスキャナといえます。充電して使用するワイヤレス仕様のため、ゴチャつくコード類の鬱陶しさもありません。

ペン型スキャナー 400-SCN031のおすすめポイントは、
・ペン型なので、置く場所が必要ないこと。
・コード類のない、ワイヤレスであること。
・スキャンしたデータは、パソコンやスマホに転送できること。
・193もの外国語を読み取れること。
・外国語の翻訳、朗読機能が付いていること。

これまでの据え置きタイプのスキャナでは、本や雑誌をスキャンする場合には、無理な折り目がついてしまったり、場合によっては切り取ることが必要でした。

その点、このペン型スキャナーであれば、本や雑誌もスキャンしたい部分をなぞるだけなので、開いたそのままの状態でスキャンできるようになっています。

データは、パソコンやスマホへ自動転送。

ペン型スキャナは、専用アプリを使用することで、読み取ったデータがパソコンやスマホに直ぐに転送され、自動入力されます。

また、驚くべきは、193ヶ国もの外国語にも対応しており(パソコン使用時、スマホ使用時は28か国語)、それぞれ翻訳、音声朗読することも可能であること。

ビジネスでも、勉強に使えて、さらに、ペン型でもあることから、海外への旅行や出張時にも使える、というわけです。

もちろん、スキャナとして使いやすい工夫も随所に施され、例えば、紙の上のスムーズに滑るようにローラーがついていたり、スキャンしている状態がわかるLEDライトが付いていたりします。

確かに、スキャンする量が多い場合には不向きですが、使用する場面によっては、非常に機能的といえるペン型スキャナー、おすすめです。

※商品名 ペン型スキャナー 400-SCN031(サンワダイレクト)
・付属品 PC接続用・充電用USBケーブル、保護キャップ、専用ソフトウェアCD
・サイズ 114.7×33×22.45mm
・重さ 55g
・インターフェース USB2.0/Bluetooth v4.0 BLE
・スキャン速度 10cm/秒
・読み取り可能サイズ 6〜22ポイント
・電源 内蔵リチウムポリマー電池(USB充電)
・利き手 右利き・左利き対応
・保証期間 購入日より1年
・PC接続対応 OS:Windows10、8.1、8、7、Vista、XP(SP3)、Mac OS X 10.6.8以降
・スマホ接続対応 OS:iOS7以降、Andorid4.3以降
・JANコード/ISBNコード 4969887823415

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ポルト ほっとソファ ふわりら(ツカモトエイム)
  2. ガラス製の透明なキーボード
  3. お散歩ルミラバー(ハリオ)
  4. スマホッチ SMAP-10TC(ランドポート)
  5. 漁礁体験ができる民泊
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP