自動真空キャニスター(giaretti)

ボタン1つで真空になる保存容器、食品を湿気から守ります。

キッチンの収納棚を見てみると、コーヒー豆に始まり、小麦粉、片栗粉、パスタにドライフルーツなど、保存する際に本来空気に触れさせない方が、鮮度が保てて、長持ちする食品が沢山入っています。

これらの食品を空気に触れさせないためには、食品を入れる容器の中の空気を抜く、いわゆる真空状態にする必要があります。

今回は、ボタン1つで真空状態を作れる保存容器をご紹介します。真空にするための作業らしい作業も必要なく、ワンタッチで容器の中を真空にするので手軽に使えるので魅力的です。

フタをしてボタンを押すだけで自動的に真空になる保存容器。

見た目は、普通にある透明のプラスチック製の保存容器のようでありながら、フタについているボタンを押すだけで、中を真空状態にできるというのが、自動真空キャニスターという、食品保存用の容器。イタリアのキッチンブランド、ジアレッティから販売されています。

これまで、保存容器や保存袋の中を真空状態にするためには、ポンプ式で空気を抜いたり、自動にしても、袋を設定するなど、少々作業を要するものが一般的でした。

ところが、この自動真空キャニスターは、商品名の通り、本当にボタン1つで自動、手軽に真空状態にすることができるようになっています。

自動真空キャニスターのおすすめポイントは、
・ボタン1つで簡単に、容器の中が真空になること。
・乾電池を使用するので、コード類が不要で、置く場所に困らないこと。
・万一空気が入ってしまった場合には、センサーが感知し自動で真空上体に戻すこと。
・食品保存のほか、マリネや漬物を作る際にも使えること。

しかも、この真空キャニスターの優れた点と言えるのが、電源に、電気ではなく、乾電池を使用すること。

ただでさえ、広くはないキッチンに、新たに電気コードなどが増えると邪魔以外の何物でもありません。本体のみでコード類がないため、スッキリと使えるほか、場所を移動して使用することもできます。

万一空気が入ったらセンサーが感知、自動で真空状態に戻します。

この真空キャニスター、さらに優れているのは、万一容器内に空気が入ってしまった場合に、内蔵されているセンサーがそれを感知し、再び自動的に真空状態に戻すという機能が付いていること。

いくら機械の力を使うとはいえ、真空状態はそれを維持するのが非常に難しいものです。袋などを使っての真空などは、その状態がなかなか維持できず、すぐに空気が入ってしまうことは、皆さんも経験のある通りです。

その点、それを自動で修復する機能で、真空状態を保つことができるのは、非常に魅力的です。

イタリアのジアレッティというキッチンブランドが販売している、この真空キャニスター。その優れた機能性もあり、現在では世界30か国以上で販売されているほどの人気商品です。

食品の風味を損ねず鮮度を維持、湿気によるカビや虫も寄せ付けないのが真空の状態です。自動真空キャニスターならば、手軽に使えて、コーヒー、紅茶、日本茶、小麦粉、片栗粉、パスタ、ペンネ、お煎餅など、あらゆる食品保存に使えます。

※商品名 自動真空キャニスター(giaretti)
・カラー ブラック、グリーン
・容量 1.0L
・サイズ 約11.5×高さ22.5cm
・重量:約480g
・パッケージサイズ 12.5×12.5×24cm
・材質 キャニスター:AS樹脂/真空ポンプ:ABS樹脂
・電源 単二アルカリ電池2個、単三アルカリ電池2個(アダプター使用)
・その他 電池別売
・メーカー型番 GR-009M
・JANコード/ISBNコード 4967059318707

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 汗が多い方におすすめのワイシャツ。
  2. 自由研究
  3. 卓上型ウォーターサーバー NEWおいしさポット HWS-101(ニチネン)
  4. エッグクッカー(OXO)
  5. 裾を簡単に調整できるピン ヘムジェム
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP