防犯防草ジャリ 60L ナチュラルグレー(アイリスオーヤマ)

防犯対策用のジャリ(砂利)、踏むと大きな音がします。

ホームセンターに行くと、防犯カメラを始め、センサーライトや警報機など、様々な防犯対策グッズが販売されていることからも分かるように、不法侵入や空き巣など被害が依然として多いようです。

不幸にも、万一不審者が侵入してきた場合には、110番に通報することが最善の策となりますが、この場合でも、被害を最小限に留めるためには、いかに早く不審者の侵入を察知できるかがポイントです。

そこで今回は、踏むと大きな音が鳴るジャリ(砂利)をご紹介します。砂利の上を歩かなくても、踏むだけで、かなり大きな音がするので、不審者の侵入への対策として高い効果が期待できます。

踏むと70dbの大きな音が鳴るジャリ(砂利)、手軽にできる防犯対策としておすすめです。

ちょっと見ただけでは、一般的なジャリとさほど変わりがないように見えて、少しでも足を乗せると、非常に大きな音がするのが、防犯防草ジャリという商品。アイリスオーヤマから販売されています。

この防犯防草ジャリは、玄関や主だった窓の周囲に敷いておくことで、不審者の侵入を大きな音で察知することができ、逆に、不審者側からしてみれば、歩かずとも踏むだけで、音が鳴ってしまうので、それ以上進むことを諦めざるを得ない状況になる、というもの。

防犯防草ジャリのおすすめポイントは、
・踏むだけで、約70dbもの大きな音がすること。
・音で不審者の侵入を察知できること。
・不審者も、大きな音に驚くこと。
・焼成加工が施されているため、虫や雑菌などが発生しにくいこと。
・雑草の発芽を抑えることができること。

このジャリを踏んだ際に発せられる音の大きさは、約70db(デシベル)。70dbといえば、高速道路を走行中の車の中の音や、間近で聞く蝉の鳴き声に匹敵するほど。いってみれば、うるいさい、と思うほどの音の大きさです。

このジャリ、材料となっているのはリサイクルガラス。これを、高温で溶かして、発砲させて軽石状にしたもの。厚さ4cmほどに敷くことが推奨されており、1㎡あたりで約40Lほどの使用量になります。

草を刈った後に敷けば、防草効果も。

この防犯防草ジャリは、商品名にもある通り、防犯対策以外にも、防草対策としての使い道もあります。

草を刈った後に、このジャリを敷いておくことで、新たな雑草の種が土に触れることがなく、発芽することも無くなります。この場合にも、やはり4cmほどの厚みで敷いておくことが推奨されています。

また、このジャリは、その製法上、仕上がりが中空で、空気を多く含んでいるため、ある程度の保温効果もあるため、冷害の予防にも効果を発揮します。

センサーライトのように、コードをつないだりすることもなく、ジャリを敷しくだけと、手間を掛かずに手軽にできる防犯対策として、踏むと音のなるジャリ、防犯防草ジャリ、おすすめです。

※商品名 防犯防草ジャリ 60L ナチュラルグレー(アイリスオーヤマ)
・サイズ 約74×奥行き約49×高さ約20cm
・内容量 60L
・重量 12KG
・材質 発泡石
・使用面積目安 1㎡あたり約40L程度
・カラー ナチュラルグレー、ホワイト、ミックスなど
・JANコード/ISBNコード 4905009758876 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 音の静かな、サイレントミルサー
  2. ミッフィー ガーゼハンカチ金封(マルアイ)
  3. プロジェクト耐水ノートB6(オキナ)
  4. ハロウィン ピンバッジを作ろう
  5. ポータブル スーツ ハンガー
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP