おもち亭 おもちとからめて ずんだもちの素 3袋入り(丸美屋食品)

ずんだ餅を自宅で簡単に作るための、ずんだもちの素。

寒くなり、お餅が1年で1番美味しい季節になります。家庭でお餅を食べるとなると、様々な食べ方がありますが、お雑煮や、のりと醤油をつけた磯辺焼き、きな粉、大根おろし、納豆にからめたり、というのが主だったところです。

もちろん、これ以外にもお餅の食べ方は、様々な種類がありますが、材料を揃えたり、作る手間を考えると、なかなか自宅で切り餅を買ってきて、というわけにはいきません。

例えば、東北地方の郷土料理であるずんだ餅。枝豆の風味と程よい甘さ、食欲をそそる色鮮やかなグリーンで、お好きな方も多いようです。ところが、ずんだ餅を自宅で作ろうと思ったら、枝豆を買ってきて、茹でてすり潰してと、結構な手間になってしまいます。

そこで今回は、このずんだ餅を手軽に食べられる素(もと)をご紹介します。切り餅とお湯だけあればよいので、いつもと違ったお餅が手軽に作れて便利です。

お湯を入れて混ぜるだけで、手軽にずんだ餅が作れます。

小さな袋に入った粉末。これに、大さじ1杯のお湯をそそいで、よく混ぜ合わせる。たったこれだけで、ずんだ餅の餡が作れるのが、おもち亭 おもちとからめて ずんだもちの素、という商品。麻婆豆腐の素でおなじみの丸味屋食品から販売されています。

後は、切り餅をそのまま茹でるか、焼いたお餅を湯にくぐらせて、あとは出来上がった、ずんだ餅の餡にからめるだけ。いつもと違ったお餅の食べ方が、気軽に楽しめます。

おもちとからめて ずんだもちの素のおすすめポイントは、
・お湯だけで、ずんだ餅の餡が作れること。
・分包になっているので、1個分でも作れること。
・いつもと違ったお持ちの楽しみ方ができること。
・お餅以外にも、アイスやパンなどにもデザート感覚で使えること。

普通、ずんだ餅の餡を作ろうと思ったら、枝豆を茹でて、すり鉢やすりこぎを使ってすり潰して、など、意外と手間の掛かる作業が必要になります。しかも、1個や2個を作るためだけに、この作業というのも、面倒といえば面倒です。

しかも、ずんだ餅は、枝豆の風味を楽しむもので、作りたてが1番美味しいとされており、食べる直前に作るのが基本、作り置きしたものは、ずんだ餅の良さが半減するといわれています。

この点、このずんだもちの素を使えば、用意するのはお湯だけなので、わずか数分で、しかも1個分から、食べる直前に作ることができる、というわけです。

お餅の楽しみ方が広がる、様々なラインナップ。

ずんだもちの素は、丸美屋食品から販売されている「おもちとからめて」シリーズの1つ。このずんだもち以外にも、みたらしもち、黒ごまだれ、抹茶あんなど、様々な種類が販売されています。

切り餅は一度購入すると、その数も多く、同じ味を食べる羽目になりがちですが、このシリーズを使えば、なかなか自宅では作れない、様々な味が楽しめます。

すべて1個から作れるので、少量で色々な種類を食べたい方や1人暮らしの方などにも、「おもちとからめて」シリーズおすすめです。

※商品名 おもち亭 おもちとからめて ずんだもちの素 3袋入り(丸美屋食品)
・内容量 28.5g(9.5g×3袋)
・原材料 砂糖、えだまめ、大豆加工品、食塩、酵母エキス、増粘剤(加工澱粉)、着色料(クチナシ、カロチノイド)
・JANコード/ISBNコード 4902820135718

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 貸し会議室検索予約サイト「スペイシー」
  2. ホールリーフのフレッシュ感が味わえる紅茶。
  3. Yo-i おけいこえんぴつセット 6B(トンボ鉛筆)
  4. ボタンつけ道具、tic
  5. 旅行・出張の必需品
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP