海へ… おさかなボトル 500ml (がんこ本舗)

すすぎが1回で済む、洗濯用の洗剤。

日々、次から次へと生まれる洗濯物、洗濯は毎日のことだけに、塵も積もれば、ではないですが、掛かる電気代や水道料金は気になるところ、極力抑えたいところです。

そんな中、今回は、すすぎが1回で済むという洗濯用の洗剤をご紹介します。水道の使用量が減らせるので経済的にやさしいのはもちろん、環境に配慮されて作られているのが、最大の特徴といえる洗濯用の洗剤です。

界面活性剤の使用量が圧倒的に少なく、すすぎが1回で済む洗濯用洗剤。

一般的に洗濯をする際に、洗濯用洗剤を使用したら、すすぎの工程は2回もしくは3回必要とされています。

これは、洗剤の中に含まれる合成界面活性剤が、人体に良くない影響を及ぼす可能性があり、洗濯物についた合成界面活性剤を、すすぐことによって除去するというのが、理由の一つです。

であれば、界面活性剤の量が少ない洗剤であれば、すすぎを1回で済ませることができる、というわけですが、それを実現したのが、がんこ本舗から販売されている、海へ… おさかなボトルという、洗濯用の洗剤です。

この海へ・・・は、界面活性剤の使用量が、一般的な洗剤と比べて、約1/10の量と圧倒的に少ないため、当然ながら衣類へ残る量も非常にわずか。そのため、すすぎが1回で済む、というわけです。

海へ・・・おさかなボトルのおすすめポイントは、
・界面活性剤の使用量が少ないため、すすぎが1回で済むこと。
・使用後24時間で、ほとんど自然に還るという、環境にやさしいこと。
・余分な泡立ちがないこと。
・中性のため、ウールやシルク、カシミアなどにも使用できること。
・柔軟剤が不要であること。
・洗濯層やパイプが詰まらないこと。

海へ・・・の商品開発の原点は、使用する資源を極力少なくし、環境に負荷を掛けずに洗剤を作る、ということからスタートしています。

水はもちろん、洗剤の原料素材をも少なくし、それでいて洗浄効果は高く、という目的の元に作られ、それを実現、商品化されたものです。

界面活性剤の使用量が、一般的な洗剤に比べて圧倒的に少ないにもかかわらず、洗浄効果が高いのは、界面活性剤を微粒子化させる技術によるもの。

これにより、洗剤本来の機能に加え、使用後には洗剤が、水と二酸化炭素に分解されるという、生分解性をも併せ持つ、優れた洗剤になっています。

中性なので様々な素材に使えること、柔軟剤を使わないこと、も大きな特徴です。

一般的な洗濯用洗剤の多くは、液性がアルカリ性です。セーターなどの素材として使われる、カシミヤやシルク、ウールなどは、アルカリ性との相性が悪く、使用すると生地が伸縮したり、色落ちしてしまます。そのため、これらを洗濯する場合には、別に洗剤を用意する必要があります。

一方で、海へ・・・は、中性のため、使用する素材に制限がありません。言い換えれば、海へ・・・があれば、他に洗剤を用意する必要がなくなる、というわけです。

さらに、海へ・・・を使って洗濯し、汚れを落とした場合、その汚れが再びつくことがありません。そのため、フワフワと繊維が立つような感じに仕上がるため、柔軟剤も不要なほどです。

海へ・・・の500ml入りは、魚をモチーフにしたかわいらしいボトルです。生分解性を持つため、海へ還すことができる洗剤、というイメージそのものです。経済的にも、地球環境にもやさしい海へ・・・、洗濯用洗剤のイメージが変わります。

※商品名 海へ… おさかなボトル 500ml (がんこ本舗)
・主な用途 綿、麻、化繊、ウール、シルク生地の洗濯
・標準使用量 水30Lまたは洗濯物3kgに対し5ml
・洗剤成分 高級アルコール系(非イオン)9%、ヤシ油脂肪酸アルカノールアミド7%
・香り成分 ラベンダー油、ホオ油、ベルガモット油 1%
・その他成分 水83%(添加剤は一切不使用)
・液性 中性
・生分解性 洗浄成分の生分解94%:1日後/100%:7日後(JIS試験法による)
・JANコード/ISBNコード:4525048212452

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 洗車用マイクロファイバー素材 グローブ
  2. フワッとふっくらしたオムレツが作るコツ ふわしゅわ びっくり!レッツ!オムレッツ
  3. オーラ繊維
  4. 特許取得の浮き具がお子様の泳ぎをサポート、ラッシュガードスーツ、スイムセーフ。
  5. プラゴ PLUGO (家庭用コンセントタップ)
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP