ごますり革命 AGM-01(旭電機化成 スマイルキッズ)

すり鉢を使わなくてもゴマが擦れる、ゴマすりスプーン。

ほうれん草が旬の季節です。ほうれん草を使った料理も様々ありますが、簡単に作れて、立派な副菜にもなりうるのがゴマ和えです。

このゴマ和えを作る際に必要なのが、すりゴマです。最近では、既に擦ってある状態のすりゴマも販売されていますが、やはり食べる直前に擦った方が、香りもたち、ゴマ本来の風味が楽しめます。

ところが、少々面倒なのが、ゴマをする作業です。すり鉢にゴマを入れて、すりこぎで擦るというのが、本来のやり方なのでしょうが、その作業が少々億劫。しかも、すり鉢がないとできません。

そこで今回は、すり鉢やすりこぎがなくても、ゴマが擦れるスプーンをご紹介します。このスプーン1本あれば、他の道具を必要とせずにゴマが擦れるほか、合計4つの機能を持つ、画期的なスプーンと言えます。

スプーンの裏に溝を設けることで、普通のボールでもゴマが擦れるスプーン「ごますり革命」。

見た目は、ごく普通の計量スプーン。ところが、よく見るとスプーンの裏側に、縦・横に適度な溝が彫られてあり、この部分を使ってゴマが擦れるというのが、ごますり革命というスプーン。旭電機化成 スマイルキッズから販売されています。

このゴマすりゴマを擦るのに必要なのは、ごますり革命と、器となる家庭にある普通のボールや茶碗だけ。もちろん、すり鉢やすりこぎは不要です。

ごますり革命のおすすめポイントは、
・スプーン1本で、ゴマが擦れること。
・目盛付きなので、計量スプーンとしても使えること。
・しょうが、にんにくがおろせること。
・食洗機が使えること。

ゴマを入れて、スプーン(ごますり革命)の裏側で押し付けるようにゴマを潰し、ある程度ゴマが潰れてきたら、回すように潰していけば、すりゴマが完成する、というものです。

完成したすりゴマは、溝のないボールや茶碗に入っているため、すり鉢のように溝に入って取りづらい、ということもありません。

ゴマを擦る機能を含めて、合計4役のスグレモノのスプーン。

ごますり革命は、商品名通り、ゴマを簡単に擦るための道具として開発されたものでありますが、それ以外にも、3つの機能、ゴマすりを入れると合計4つの役割を果たすスグレモノでもあります。

まず、形状がスプーンの形をしているので、スプーンそのものとしての役割。

また、内側にはメモリがあるので、大さじ・小さじとして計量することも可能。さらに、しょうがやにんにくを、すりおろすための溝も設けられています。

1つのスプーンでありながら、手軽にゴマが擦れるほか、計量やにんにくがおろせるなど、料理の際にちょっと使いたいことが多い機能を持たせた、ごますり革命。主婦の方のアイデアから商品化されただけあって、1本あると非常に便利です。

※商品名 ごますり革命 AGM-01(旭電機化成 スマイルキッズ)
・用途 スプーン機能付き、ゴマすり器計量
・本体サイズ 幅6×奥行18×高さ3.5cm
・材質 SPS樹脂
・耐熱温度 120度
・食洗機 使用可
・生産国 日本
・JANコード/ISBNコード 4962644941452

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 自由樹脂,プラ粘土
  2. 自分で作る箸置き。
  3. 2Wayハサミ ハコアケ(コクヨ)
  4. ポータブル超短焦点プロジェクター(SONY・ソニー)
  5. 非常用トイレ 防災の達人 30回分(コクヨ)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP