フリーサイズブックカバー(Beahouse)

本の大きさを選ばない、様々なサイズの本に対応するブックカバー。

本を読むことが好きな方にとって、欠かすことのできないアイテムの1つが、ブックカバーです。読んでいる途中の本を、デザインや素材、質感など好みのブックカバーで飾っておくのも、広い意味で本の楽しみ方の一つでもあります。

ところが、このブックカバーの悩ましいところが、本のサイズに合わせて選ぶ必要があることです。文庫なら文庫用、ハードカバーの本であれば文庫用よりも少し大きめのものなど。

もちろん、文庫だけしか読まない、というのであれば別ですが、本を読むことが好きであれば、様々な本を読みたいはずです。

そこで今回は、本の大きさを選ばず、どんなサイズの本でも1つで済む、という不思議なブックカバーをご紹介します。機能性に加えて、コットンの肌触りもよいブックカバーです。

文庫、新書、マンガ、ノートまで対応、フリーサイズといえるブックカバー。

これまでブックカバーというと、本のサイズごとに用意する必要があったものが、たった1つで済んでしまうというのが、フリーサイズ ブックカバーという商品。Beahouse(ベアハウス)ブランドから販売されています。

フリーサイズブックカバーのおすすめポイントは、
・文庫からノートまで、1枚のブックカバーで様々なサイズに対応していること。
・コットン100%で、柔らかな、優しい質感であること。
・20種類以上のデザインが用意されており、好みに応じて選べること。

フリーサイズカバーは、本をセットするにも、それほど難しい作業は必要ないのも特徴です。

広げた状態にしておき、本の表紙を挟み、マジックファスナーで固定。この時点で、本の幅に合わせたサイズになっており、あとは本に巻きつけて、裏表紙をカバーにセットして完了。時間にして数十秒といったところです。

素材はコットン100%、デザインは20種類以上が用意されています。

フリーサイズ ブックカバーの素材はコットン100%。肌触りが優しい上に、加工時にもホルマリンを使用しておらず、肌が敏感な方でも安心して手に取れるように作られています。

用意されているデザインは、何と20種類以上。

チェックやストライプ、水玉に花柄などの模様に、黒やグレーの落ち着いたものから、オレンジやイエローなど明るめの色を使ったものまで、豊富に用意されており、1枚で済むはずのブックカバーが何枚も欲しくなる感じさえします。

製造は日本国内で、職人さんが一つずつ手作りをしているというこだわりようです。

本の大きさの違いの分だけ用意していたブックカバーが、1つで済むようになる、フリーサイズのブックカバー、使ってみたくなる逸品です。

※商品名 フリーサイズブックカバー(Beahouse)
・サイズ 445×280mm
・素材 コットン100%(ノーホルマリン加工)
・製造 日本製
・備考 特許取得済:特許第5717295号
・デザイン 20種類以上
・JANコード/ISBNコード:4562316950203 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 冷えるタオル
  2. 自然派ノンシリコンシャンプー。
  3. クビンス ジューサー 2015最新モデル
  4. 風呂単(大)(クツワ)
  5. 家庭用たこ焼き器、たこ焼器 炎たこ(えんたこ)(岩谷産業)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP