ファイバーライン加工 鉄製深型いため鍋 30cm(下村企販)

鉄なのに、焦げにくいフライパン。

フライパンや深鍋といえば、軽くて焦げ付きにくいという、フッ素樹脂加工のもの主流になっています。

ところが、フッ素樹脂加工のフライパンなどは、表面が剥がれやすいなど、比較的寿命が短く、早ければ半年程度、もっても1~2年で買い替え、という方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は鉄製でありながら、焦げ付きくいように加工されたフライパン(深鍋)をご紹介します。鉄の優れた点はそのままに、焦げにくく使いやすいのが魅力的なフライパンです。

表面をデコボコに加工することで、油が馴染みやすく、焦げにくい鉄製のフライパン。

鉄製のフライパンというと、重たくて、手入れが面倒、しかも、調理の際に焦げ付いてしまう、など、現代ではマイナスのイメージが少々強いような感じです。

一方で、鉄であることで、熱伝道に優れており、料理の仕上がりが美味しいのは間違いありません。

強火でサッと調理する炒めものは素材の食感を残して仕上げることができ、また、ステーキやソテーなどは外はコンガリ、中はジューシーに焼くことができます。

となると、もし、使いやすいのであれば、鉄製のフライパンを使いたい、という声から作られたのが、ファイバーライン加工 鉄製深型いため鍋。下村企販から販売されています。

ファイバーライン加工 鉄製深型いため鍋のおすすめポイントは、
・鉄の表面にデコボコの加工がしてあり、油が馴染みやすく、焦げ付きにくいこと。
・鉄製なので、温度を気にせず使えること。
・IHにも対応していること。
・取っ手は木製のため、調理中にも熱くならないこと。
・とにかく丈夫であること。

このフライパン、素材である鉄の表面に、ランダムにデコボコが設けられています。

調理をする際には、そのデコボコした細かい隙間に油が入り込むこと、また、食材ともベタッと全面に接地することがないので、焦げ付きにくい、というわけです。

鉄のフライパンを利用することで、鉄分不足を補えます。

鉄のフライパンを利用することで、料理を美味しく仕上げることができるというほかにも、毎日の調理に使うことで、日々鉄分を補給できることにもなります。

現在、鉄分を補給するためのサプリの販売が好調なことからも分かるように、鉄分不足の症状の方が昔に比べて多いとされています。これは、フライパンの材質が鉄からフッ素樹脂加工品などに変わったことが一因である、という医師もいるほどです。

鉄製のフライパンの最大のデメリットともいえる、焦げ付きにくさ、を解消した、ファイバーライン加工の鉄製のフライパン、フライパンの購入時に検討されてはいかがでしょう。

※商品名 ファイバーライン加工 鉄製深型いため鍋 30cm(下村企販)
・サイズ 全長約48.9×奥行約30×高さ約14.5cm
・本体重量 1120g
・底厚 1.2mm
・材質 本体:鉄(透明シリコン樹脂塗装)/取手:天然木/取付金具:アルミダイキャスト/カシメビス:鉄
・対応コンロ ガス火、IH(100V、200V)
・生産 日本
・JANコード/ISBNコード:4957423061667

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. iPhone用充電ステーション ロリオ・ケーブル収納付きLightning用充電ステーション。
  2. わんぱくサンドMogu×2(モグモグ)(アーネスト)
  3. CCTチルチューブ
  4. 靴のクリーニングサービス
  5. ボタンつけが簡単tic、失敗しないために。
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP