歯ぎしりピタリ(ドリーム)

歯ぎしり防止グッズ、マウスピースのような成形が不要で手軽に使えます。

就寝中の歯ぎしり、注意すべきは、音だけではありません。一説によると、歯ぎしりをすることによって掛かる負荷は、体重と同じ程度か、それ以上にもなると言われています。

奥歯が削れる、歯に詰めたものが割れてしまうなど、歯への影響のほかにも、頭痛をはじめ、肩や腰など、身体中の痛みの原因にもなってしまいます。

何かと悩みの多い歯ぎしりですが、それを防ぐ手段として有効なのがマウスガード、マウスピースです。ただ、一般的なマウスピースなどは、自分の歯型に合わせる必要があるため、使用開始時に成形する手間が掛ります。

そこで今回は、手っ取り早く使える、歯ぎしり対策グッズをご紹介します。成形の手間がなく、そのまま使えるというマウスピースです。

歯ぎしりによって掛かる負荷を吸収する、歯ぎしりピタリ。

寝ているときに奥歯にはめておくことで、歯ぎしりによって掛かる力を吸収し、負荷を軽減できる、歯ぎしり対策グッズが、ドリームから販売されている、歯ぎしりピタリです。

この、歯ぎしりピタリの最大の特徴は、通常のマウスピースなどと異なり、成形の必要がなく、そのまま使えることにあります。

歯ぎしりピタリのおすすめポイントは、
・一般的なマウスピースのように、成形する必要がないこと。
・装着箇所が奥歯だけなので、口全体が邪魔にならないこと。
・洗浄できるシリコン製なので、衛生的に使えること。
・歯科医と共同で開発された商品であること。
・実勢価格が、2,000円前後と手頃なこと。

一般的なマウスピースは、お湯などの熱を利用して、自分に歯型に合わせる形づくりから始める必要があります。

このマウスピースの成形作業は、意外と難しく、せっかく購入したものの、フィットさせることができない、なんていう話も聞くことを考えると、手軽使える歯ぎしり対策グッズといえます。

また、素材にはシリコンを使用しているため、適度な柔軟性があるため、歯に当たっても異物感がないほか、奥歯に掛かる力を適度に吸収してくれます。

被る部分は奥歯だけなので、マウスピースと比べて違和感なく使えます。

歯ぎしりピタリは、奥歯に掛かる力を吸収する目的で作られているため、使用時に歯に被せるのは、奥歯の部分だけ。

マウスピースの場合だと、歯全体を覆うため、口の中でゴワゴワしがちですが、これと比べても、違和感なく使えるようになっています。

歯ぎしりピタリは、メーカーと現役の歯科医によって共同で開発された商品です。奥歯に当たる部分が波型になっていたり、バランスの取れたスプリング構造になっていたりするのは、これらによるものです。

もちろん、本格的なマウスピースが必要なほどであれば、歯科医に診てもらうことが必要でしょうが、とりあえず、手っ取り早く歯ぎしり対策が必要であるようならば、まずは、歯ぎしりピタリを使ってみるのも一つの手といえます。

※商品名 歯ぎしりピタリ(ドリーム)
・素材 本体:シリコーン/ケース:PP
・カラー スケルトンブルー
・サイズ 約6.0×2.7×1.4cm
・重量 約18g
・JANコード/ISBNコード:4531661054218

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 汗が多い方におすすめのワイシャツ。
  2. ドリンクミストDW(大作商事)
  3. 風のマットレス ドライブリーゼ(アテックス)
  4. ボタンの縫い方忘れちゃった、そういう方におすすめの便利なボタンつけ道具。
  5. スプラッシュライト(鈴木ラテックス)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP