折りたたみ式畳ベッド シングル(中居木工)

折り畳み式畳ベッド、畳みで眠りたい、ベッドがいい、折りたためるのが実現されています。

畳みの上に敷いた布団で寝るか、ベッドで寝るかを、決めるのは結構悩ましいところ。畳の適度な硬さ・感触は魅力的だし、一度設置してしまえば、そのまま使えるベッドも捨てがたいものです。

そこで今回は、畳みとベッドの双方の良いとこどりをした、ともいえる畳ベッドをご紹介します。しかも、ベッド自体を折り畳むこともできるので、狭い部屋にも置くことができるという魅力的なベッドです。

畳みの感触が捨てがたい、けれどベッドもよい、という方におすすめの畳ベッド。

い草を使った本物の畳を、ゴムの木で作られた外枠の上に乗せて、ベッドとして完成させたのが、折りたたみ式 畳ベッド。家具の製造で有名な広島県府中市に本社を置く中居木工から販売されています。

ベッドとマットの組み合わせが主流になった現代でも、畳の感触、適度な硬さ、穂のかない草の香り、懐かしさなど、畳に対するニーズは決して低くはありません。

一方で、日々布団を畳んだり、押し入れへの上げ下ろしの必要がないなど、普段の使い勝手などを考えると、やはりベッドを選んでしまうという方も多いようです。

その点、この畳ベッドは、双方の要望を汲み取った、いってみれば、畳とベッドの良い所どりのベッドといえます。

折りたたみ式畳ベッドのおすすめポイントは、
・本物の畳を使用していること。
・ベッドがコンパクトに折りたためること。
・キャスター付きなので、手軽に移動できること。
・畳の上でも傷や跡がつきにくい構造であること。
・木材の角は、怪我防止のため、丸みを持たせていること。

この畳ベッド、日本製で本物の畳を使っていることが、嬉しい所です。ベッド専用に作られいるため、畳が劣化した場合が心配ですが、交換用の畳も販売しているので、その点も安心です。

折り畳めるので、狭い部屋にも置けるし、ベッド下の掃除もできます。

この畳ベッド、本物の畳を使った国産品であることのほか、最大の特徴は、折りたためるベッドであることです。ベッドの中央部を中心にして、2つに畳めるようになっています。

しかも、畳んだときの形は2通り用意されており、完全に直立させてコンパクトにすることもできるし、八の字型にして、畳や布団が干すこともできるようになっています。

また、移動がスムーズにできるようにキャスターが付いていたり、ベッドの裏側には湿気対策のためにひのきが敷かれていたりと、老舗家具屋さんならではの、様々な工夫がなされています。

本物の畳の上で眠ることができる、折りたたみ畳ベッド、和室でも洋室でも、違和感なく使えるデザイン。座面の高さの違いや、畳のサイズの違いなど、ヴァリエーションも用意されています。

※商品名 折りたたみ式畳ベッド シングル(中居木工)
・使用時サイズ 幅94.5×長さ201×高さ39cm
・収納時サイズ 幅94.5×奥行36×高さ122cm、床面高:約27cm
・重さ 約24kg
・素材 本体:ラバーウッド(ウレタン塗装)/畳:い草
・備考 キャスター付き、一部組立式、1年間保証書付き
・製造国 日本製
・その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 「Getダニ捕獲シート」とは?
  2. ダニ対策必須、お子様のおもちゃ箱、ぬいぐるみ。
  3. LEDどこでもセンサーライト ASL-090(ムサシ)
  4. ダニ退治には日本製
  5. 目に見えないから厄介、ハウスダスト・埃の中に生息するダニ。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP