イヤーカスタム DECIBULLZ

自分の耳の形に合わせて作れるイヤホン。

音楽を聞いたり、動画やテレビを見たりする際に使用するイヤホン。家電量販店に行けば、音質や形状、デザインなど、様々な種類のイヤホンが販売されており、どれを購入すれば迷うほどです。

ただ、このイヤホンに関して、1つ抑えておきたいポイントが、使用しているときに、耳から外れてしまわないこと。自分の耳にフィットするかどうか、という点です。

とはいえ、購入前のイヤホンを実際に嵌めるのは現実的ではありません。そこで今回は、お湯を使って自分の耳の形に合わせて成形できるイヤホンをご紹介します。

お湯に入れて5分、自分の耳にはめて形が作れる、カスタムイヤホン。

コードが付いたイヤホン本体と、イヤーピース。その2つの間に入り、耳にはめ込む部分として機能するパーツが樹脂でできており、それを自分に耳の形に合わせて成形できるというのが、イヤーカスタム DECIBULLZ、というイヤホン。

樹脂でできたパーツを、熱いお湯に入れること、約5分。すると、固かったパーツが、柔らかくなるので、イヤホンとイヤーピースの間に挟み込んでから、耳に当てて形を整えます。

形が決まったら、あとはパーツが冷めるのを待って成形作業が完了、自分の耳の形にジャストフィットする、カスタムイヤホンが完成する、というものです。

イヤーカスタム DECIBULLZのおすすめポイントは、
・自分の耳の形に合わせて成形できること。
・必要なのはお湯だけで、作業自体も簡単なこと。
・1万円以下と手頃な価格で、カスタムイヤホンが作れること。
・アメリカのヘッドフォンレビューで、高い評価を得ていること。

成形に失敗したり、作業しているうちに固まってしまったり、上手くいかなくても、そこは心配無用。お湯に入れれば、再度柔らかくなるので、何度でも繰り返し成形することができます。

いってみれば、弊社でも取扱いのある、お湯につけると柔らかくなるプラスチック・プラフレンドと似たイメージです。

注意すべきは、作業時の火傷。熱いお湯や樹脂製のパーツ部分も非常に高い温度になるので、その点だけは、くれぐれも注意が必要です。

自分の耳の形に合わせることで得られる3つのメリット。

イヤーカスタム DECIBULLZで、自分の耳に合わせて作ったイヤホンを使用することで、主に3つのメリットが得られます。

まず、当然ながら、イヤホンが外れにくくなります。屋内での音楽鑑賞やテレビ・動画鑑賞時はもちろん、ウォーキングやランニング時など、身体の動作を伴う際でも非常に外れにくくなります。

また、耳にぴったりとフィットするため、市販のイヤホン使用時によくある、長時間使用していると耳が痛くなってくる、ということもありません。

さらに、耳とイヤホンとの間に隙間なく形作ることができるので、音が非常に漏れにくいのも特徴です。満員電車の中でも、周囲を気にすることなく音楽を聞くことができるようになります。

気になる音質については、意外と高評価。アメリカ国内のイヤホンのレビューサイトで、100ドル以下で購入できるイヤホンの中で、300以上の製品の中で2位の評価を受けています。

イヤホンといえば、購入したものの、自分の耳にジャストフィットとはいえないものの、どうすることもできず、何となくそのまま使ってしまっている、という方が多いのではないでしょうか。

そうなると、椅子に座るなど、じっとしているときには問題ないにせよ、歩いたり、走ったりするときには、時折耳から外れることになり、ちょっとしたストレスになってしまいます。

こういったストレスから解消される、自分の耳にジャストフィットするイヤホン、イヤーカスタム DECIBULLZで作ってみませんか?

※商品名 イヤーカスタム DECIBULLZ
・パッケージサイズ 16.5×3.8×10.2cm
・カラー 全8種類(ブラック、ホワイト、オレンジ、パープルなど)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. レンジで美味しいおだし(曙産業)
  2. 秘密を守りきります!パートII(アーネスト)
  3. 北陸新幹線 開業記念グッズ
  4. コードレスお風呂スピーカー フロ・スマ(ドンキーボックス)
  5. 家庭用 天ぷら油火災専用 消火用具 火の用心棒(メディプラン)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP