食べごろどんぶり(ドウシシャ)

保温性能のある丼(どんぶり)、ラーメンが最後まで温かく食べられます。

寒い季節は、丼に入ったラーメンやうどんも、それほど時間が経たなくても、直ぐに冷めてしまいます。冷えた身体を暖めるためにも、美味しく食べるためにも、最後まで熱いものは、熱いまま食べたいところです。

そこで今回は、保温・保冷性能のある丼(どんぶり)をご紹介します。中に入れたものの温度を保つほか、丼に触れても熱さ、冷たさを感じることがなく、使いやすさという点でもおすすめの丼です。

真空断熱構造で冷めにくい、ラーメン用の丼(どんぶり)。

真空断熱構造といえば、マグカップや水筒などの保温・保冷機能として使われているというイメージで、家の中を見渡せば、何かしら一つはある、といえるほど、一般的になっています。

真空断熱構造とは、容器の外側と内側の間に層を設けて、その層の中を真空状態にすることで、熱の伝導を防ぐ、というものです。

この真空断熱の技術を丼に応用したのが、食べごろどんぶり、というラーメンやうどんなどを入れるための丼。熱いラーメンを熱いまま、冷やしうどんを冷たいまま、最後まで食べたいというときに便利、というわけです。

食べごろどんぶり、のおすすめポイントは、
・保温、保冷性能があること。
・熱いものを入れても、外側は熱くならず、持ちやすいこと。
・ステンレス製なので、汚れがつきにくく、落としやすいこと。
・ステンレス製で、スタイリッシュなデザインであること。

もちろん、水筒やマグカップなどと違って、フタは無いので、完全な保温・保冷ができるわけではありません。ただ、それでも陶器やプラスチック製の丼と比べると、圧倒的に食べ頃の温度をキープできる、といえます。

素材には、ステンレス鋼を使用しているため、汚れがつきにくく、仮についても落ちやすく、手入れがしやすいのも特徴。ただし、使用後はなるべく早めに洗い、塩分などを落とすことがメーカーからは推奨されているので、使用の際には、その点には注意が必要。

持っても熱くない、冷たい物を入れても結露しない。

真空断熱構造の採用は、中に入れたものの温度を維持できる、というのが一番の特徴ですが、それ以外にも、丼として扱いやすくなる点が、いくつかあります。

まず、熱いものを入れても、外側は熱くならず、出来立てでも、丼ごと持てることです。これは、内外間で熱を伝えないという、真空断熱構造本来の性能ともいえるものです。

ただし、これに関して注意が必要なのは、丼に手を触れても熱さを感じないため、「冷めている」と思って口に運ぶと、火傷をしてしまう危険があることは注意すべきてんです。

また、同じ理由で、冷たいものを入れても結露せず、水滴がボタボタすることもありません。冷やしうどんや素麺、冷麺などの丼として使用する場合に、発揮する性能といえます。

ステンレス製で、シルバーメタリックの見た目もおしゃれな丼、熱い物を最後まで熱いまま食べたいなら、使ってみる価値はありそうです。

※商品名 食べごろどんぶり(ドウシシャ)
・型番 DSSC-1.4MT
・サイズ φ182×86mm
・重量 約390g
・材質 ステンレス鋼
・容量 1400ml
・JANコード/ISBNコード:4549387584957

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 食べごろどんぶり(ドウシシャ)
  2. 熱闘3分 カップヌードルゲーム カレー(ウィズ)
  3. 窓ふきロボット
  4. 子供用虫除けシャツ
  5. スーツの上着をカバンにかけてみた。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP