あったかヒーター手袋(ROOMMATE)

手袋をしてても寒いなら、ヒーター内臓の手袋を。

寒さも本格的になり、素手の状態だと、ちょっと手や指を動かそうにも、手がかじかんでしまって、上手く動かすことができません。手袋必須の季節です。

ただ、普通に歩くだけなら、手袋1枚で何とかなるものの、自転車やバイクに乗るとなると、また話は別。ものの数分で手袋が意味をなさなくなるほどの冷たさを感じるようになります。

そこで今回は、普通の手袋では物足りないという方向けに、ヒーターが内蔵されている手袋をご紹介します。すでに嵌めている手袋の下に、インナーとして使用することもできます。

自転車通勤、通学に使いたい、ヒーター内蔵の手袋。

パッと見た感じは、いたって普通の手袋。ところが、全体にヒーター線が行き渡っており、スイッチを入れると、ものの10秒ほどで、ポカポカと暖かくなるというのが、あったかヒーター手袋という商品。ROOMMATEブランドから販売されています。

あったかヒーター手袋、使用するのは乾電池。手首のあたりに電池ケースが付いており、その中に単三型のアルカリ乾電池を3本セット。スイッチを入れると、即座にヒーターが作動します。

もちろん、ヒーターを作動させたら、電池ケースは、収納ポケットもしまっておけば、ブラブラしたり邪魔になることもありません。

あったかヒーター手袋のおすすめポイントは、
・ヒーター内臓で手袋の中が暖かいこと。
・約3時間、連続使用ができること。
・普段使用している手袋のインナーとしても使えること。
・電池ケースが収納できるポケットがついていること。

見た目が気になるようなら、今している手袋のインナーとしての使用もできます。

ったかヒーター手袋は、オーソドックスな形で色は黒と、いたってシンプルなデザインで、生地自体はストレッチ素材で伸縮性もあり、扱いやすい仕上がり。

とはいうものの、手袋は人からも見られやすいこともあり、やはり見た目が気になる、という方は、普段使っている手袋の中に、インナーとして使用する、という手もあります。

運転時間は、使用環境によって多少の前後はあるものの、概ね3時間程度。男女兼用でフリーサイズ。

真冬の自転車通勤・通学はもちろん、雪かきや雪下ろしの際にもつかえる、ヒーター内臓の手袋。この冬、強い味方になってくれることは間違いなさそうです。

※商品名 あったかヒーター手袋(ROOMMATE)
・サイズ フリーサイズ(手囲い/21〜25cm)
・重量 147g(片手電池入り)
・電池 単三形アルカリ乾電池またはニッケル水素電池(別売)
・材質 生地:ポリエステル・ナイロン・ポリウレタン・合成皮革/ヒーター:ステンレス合金繊維/ジャック:PVC、真ちゅう
・電池ボックスサイズ 68×47×18mm
・型番 EB-RM9200A
・JANコード/ISBNコード:4560481898498

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. レコルト イージーワインキーパー
  2. 残高表示機能付き パスケース(ノコリー)
  3. 夏休みの自由研究
  4. 厚くてま~るいかき揚げリング(アーネスト)
  5. あったかパンツ
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP