ワンセグエコTV(ヤザワコーポレーション)

電源の確保に困らない、緊急時や災害時に使えるテレビ。

災害時に備えて用意しておくべきなのが、防災グッズです。ひと口に防災グッズといっても様々ありますが、実際に何が起こっているか、どういう状況なのかなどの情報を入手するためには、テレビやラジオは欠かせません。

とはいえ、そういう非常時に備えるとなると、注意すべきは電源の確保です。電気が使えなかったり、乾電池が購入できなかったりすることを想定しておく必要もあります。

そこで今回は、手回しでも充電ができるテレビをご紹介します。手回し以外にも、合計4通りの充電方式ができるのも魅力的です。

防災グッズとしても最適、4通りの電源でテレビが見られて、ラジオも聞ける。

万一の災害時に、情報を入手できる強力な手段といえば、やはりテレビやラジオです。

最近流行りの防災セットの中にもこれらは当然含まれていますが、よく考えておくべきは、その電源の確保です。停電や、乾電池が購入できないことを想定しておくことが必要です。

そういった意味で、電気だけ、電池だけなどといった一つの電源だけしか使えないものは、少々不安が残ります。

そういった不安を解消してくれるのが、手回しも含めて、合計4通りの電源で使えるテレビ、ワンセグエコTV。ヤザワコーポレーションから販売されています。

ワンセグエコTVのおすすめポイントは、
・手回しを含めて、4通りの電源が使えること。
・ワンセグテレビ、ラジオが使用できること。
・音声だけで使用する、省エネモードが用意されていること。
・スマートフォンへ充電ができること。

このワンセグエコTV、本体上部にはハンドルが用意されており、電気も電池も使えない場合には、ハンドルを回すことで、充電できるようになっています。このほか、電気はもちろん、乾電池、UBSからの充電と、手回しも含めて合計4通りの電源が使えます。

サイズは、約15cm×9cm、奥行4cmで、重さも300gちょっとと、軽量かつコンパクトなので、持ち運ぶ際にも邪魔にならず、防災グッズとしても最適といえます。

チャンネル設定が不要、誰でも簡単に使えます。

ワンセグエコTVは、その名の通りワンセグ放送が見られるものです。ワンセグ放送は、屋外・屋内問わず、電波が弱くても受信しやすいのが特徴。一般的なテレビが見られない場所でも、見られることもあるので、そういった意味でも災害時に味方といえます。

また、このワンセグエコTVの特徴でもあるのが、受信するチャンネルをオートスキャン方式で自動的に選択してくれること。

強い電波だけを受信するので、チャンネルの設定や周波数を合わせる必要もなく、テレビやラジオの設定に慣れていなくても、誰もが簡単に使える仕様になっています。

また、テレビやラジオと並んで、大切な情報源や連絡手段となるスマートフォンには、ワンセグエコTVから充電ができるのも心強い点です。

万一の際に備える防災用のテレビとして、ワンセグエコTV、おすすめです。

※商品名 ワンセグエコTV(ヤザワコーポレーション)
・付属品 カナル式ステレオイヤホン、ACアダプタ、Micro-USBケーブル
・型番 TV02WH
・サイズ W145mm×H90.5mm×D40.5mm
・重量 327g
・カラー ホワイト
・材質 ABS
・充電方式 4通り(手回し、乾電池、AC(コンセント)、USB)
・受信周波数 TV(ワンセグTV):473MHz~767MHz/FM:76MHz~90MHz/AM:531KHz~1629KHz
・JANコード/ISBNコード:4966307003891

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 特許取得の浮き具がお子様の泳ぎをサポート、ラッシュガードスーツ、スイムセーフ。
  2. マーナ 極しゃもじ K650(マーナ)
  3. ウエット手袋なでなで(本田洋行)
  4. TOOTHBRUSH STAND(soil)
  5. ポケットを増やしたい!方におすすめの便利グッズ。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP