ズライドオン(ZlideOn)

ファスナーを修理するための便利なグッズ。

衣類やバッグなど、身の回りを見渡せば、あらゆるものに付いているファスナー。

チャックやジッパーとも呼ばれているファスナーですが、普段何気なく使っていても、ある日突然、動かなくなった、噛み合わなくなった、ということがあります。

ファスナーが動かなくなると、閉めるべきものが閉められなくなってしまうため、そのもの自体を使うことを諦めざるを得なくなります。

そこで今回は、ファスナーが壊れたときのための修理グッズをご紹介します。使い方も驚くほど簡単で、実際に使用した方からは、もっと早く知っておけばよかった、という声があるほどです。

ファスナーの修理が簡単にできるグッズ、スライダー部分を取り換えるだけ。

ファスナーが壊れてしまったので、衣類やバッグなどが使えなくなってしまった。そんなときに、諦める前に試してみたいのが、ズライドオン(ZlideOn)というファスナーの簡単修理グッズ、スウェーデンで開発された商品です。

使い方も非常に簡単。ニッパーなどで古いスライダーを取り外し、ズライドオンをはめて取り付けるだけ。それこそ、あっという間といえるほど、簡単に作業は完了してしまいます。

ズライドオン(ZlideOn)のおすすめポイントは、
・簡単にファスナーのスライダーが簡単に修理・交換できること。
・破損したスライダーを外すためのニッパー以外、特別な道具を必要としないこと。
・一流ブランドによる、耐久試験にも合格していること。
・実勢価格が1,000円以下と手頃な価格であること。

ファスナーが壊れたというと、スライダー部分の破損や、歯が上手く噛み合わなくなるなどの症状が、その多くを占めます。

実は、その原因とされているのが、スライダー部分の劣化で、実に故障原因の90%にも昇ります。であるならば、スライダー部分を新しいものに交換することで、元通りにできる可能性が高いことになります。

そこで、このスライダー部分を簡単に交換できるように開発されたのが、このズライドオン、というわけです。

材質やカラーなど、ヴァリエーションも豊富に用意されています。

単にファスナーといっても、その材質はコイルやプラスチックだったりと様々。また、カラーやサイズも、マチマチ。元のファスナーと余りに違う見た目になってしまうというのは、気になるところです。

その点、ズライドオンには、素材、サイズ、カラーの異なる20種類以上が用意されており、購入時には、手元にある壊れたファスナーと同じもの、近いものを選べるようになっています。

耐久性にも関しても、ヨーロッパのメジャーカバンブランドの性能耐久試験に合格するなど問題なく、また、スウェーデン軍やNATO軍の軍服や寝袋にも採用されており、信頼性という点でも折り紙つき。

ファスナーが壊れてしまったことで、使うのを諦めていたものが手元にあるならば、ズライドオン、試してみる価値はありそうです。

※商品名 ズライドオン(ZlideOn)
・用途 ファスナー・ジッパー・チャックの簡単修理ツール
・サイズ 20x9x6mm
・材質 亜鉛合金、スチール(ばね鋼・スウェーデン鋼)
・重量 2g
・生産 スウェーデン
・パッケージサイズ 91x145mm
・その他 サイズ、形状、素材のヴァリエーション有り
・JANコード/ISBNコード:4540526006668 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. シンプル ペーパータオルホルダー
  2. 音楽を聞きたいけど、しまっておく場所がない、という方へ。
  3. 携帯用ハンガー
  4. 使いやすい長靴、バードウォッチング長靴(日本野鳥の会)
  5. CCT冷感タオル、ご購入いただいた方の声。
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP