衣類乾燥機カラリエ IK-C300(アイリスオーヤマ)

部屋に置いて使うタイプの衣類乾燥機。

気温が低く、洗濯物が乾くのに時間が掛る季節、日々生まれる洗濯物が溜まる一方です。部屋の中が洗濯物だらけで、鬱陶しささえ感じられます。

洗濯物を早く乾かしたいときに利用するものといえば、洗濯機に付随しているタイプの乾燥機が一般的です。ところが、このタイプの乾燥機は、思ったよりも時間が掛ることで、電気代も気になりますし、しかも乾燥機自体の手入れも必要になります。

そこで今回は、部屋に干した洗濯物に風を当てることで衣類を乾燥させる、部屋置きタイプの衣類乾燥機をご紹介します。

部屋置きタイプの衣類乾燥機、乾燥に掛かる時間が約半分になります。

タイプの違う2種類の風を起こし、洗濯物に直接当てることで、乾く時間が約半分になるというのが、衣類乾燥機カラリエ。アイリスオーヤマから販売されています。

この衣類乾燥機カラリエ、一番の特徴は、何といっても部屋に置いて使うタイプの衣類乾燥機であること。

いつもと同じように洗濯物を干して、そこに洗濯物を乾燥させるのに適した風を当てることで、乾燥時間を半減させるというものです。

衣類乾燥機カラリエのおすすめポイントは、
・部屋干しの時間が約半分になること。
・洗濯物を乾燥させるのに特化した2種類の風が起こせること。
・生乾きの嫌なニオイの対策にもなること。
・首振り機能つきで、左右2mの範囲にまで、風を送れること。
・軽量、コンパクトで、持ち運びしやすいこと。

風を当てて、洗濯物を乾燥させるという意味では、扇風機を当てるようなイメージですが、この衣類乾燥機カラリエが起こす風は、洗濯物を乾かすのに特化されているのが、大きな特徴です。

というのも、カラリエには、大小2つのファンが搭載されており、風を勢いよく直進させるために大きなファンを、ヒーターを利用した乾燥風を小さなファンが利用する仕組み。この2つの風が合わさることで、衣類の乾燥に適した風になる、というわけです。

乾燥時間を早めることは、生乾きの嫌なニオイの対策にもなります。

洗濯物に関しては、ようやく乾いたと思ったら、なんだか生乾きの嫌なニオイがする、ということが結構あります。

というのも、乾燥するまでに時間が掛ってしまうことは、逆にいえば、湿った状態が長く続くことになり、嫌なニオイの原因でもある雑菌が繁殖してしまうためです。

となると、特に洗濯物が乾きにくい季節には、こういった衣類乾燥機を使って、乾燥時間を早めるのがポイントとなります。

衣類乾燥機カラリエに関しては、通常の部屋干しと比較すると、乾燥時間が約半分にできるので、生乾きの嫌なニオイ対策にもなる、というわけです。

もちろん、首振りや角度調節、タイマーなど、乾燥機に必要な機能は揃っている一方で、操作も簡単なので、誰にでも使いやすいように仕上げられています。

溜まる一方の洗濯物、何とか早く乾燥させたいなら、部屋置きタイプの衣類乾燥機を使ってみるのも一つの方法です。

※商品名 衣類乾燥機カラリエ IK-C300(アイリスオーヤマ)
・質量 2.5kg
・サイズ 幅204×奥行204×高さ451mm(収納時)
・電源電圧 AC 100V
・電源周波数 50Hz/60Hz
・運転モード 3段階(弱・中・強)
・消費電力 乾燥ヒーター切:弱-20W、中-25W、強-30W/乾燥ヒーター入:弱-120W、中-175W 強:260W・コード長1.4m 
・送風モード 送風/乾燥風
・風量調節 3段階
・タイマー 2・4・6・8・10時間
・安全装置 加熱防止安全装置、転倒時安全装置付き
・品番 IK-C300
・カラー 2種類(アクアブルー、フローラルピンク)
・JANコード/ISBNコード:4967576167628

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 電子タバコ
  2. 最大折り畳み傘 直径126cm 3段折(小宮商店)
  3. サンナホル トリートメント シャンプー
  4. フィットカットカーブ 料理はさみ(プラス)
  5. 一涼みしように賛同しています
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP