薄型弁当箱 フードマン(シービージャパン)

カバンに縦に入れられる弁当箱、厚みがわずか3.5cmながら800mlも入ります。

景気の良くなる気配もなかなか感じることができず、出費を抑えられるところは抑えたいところです。外食の比率を下げて、自炊することも手段の一つ。特に、日々に昼食を外食からお弁当に、という方も多いようで、お弁当箱の売れ行きが好調なようです。

ところが、お弁当を持参するとなると、ちょっとした悩みが、通勤に使うバッグに合うサイズのお弁当箱がなかなかないこと。

リュックなどであれば問題ないとしても、ビジネスバッグ・カバンの場合には、一般的なお弁当箱だと、幅が大き過ぎたり、かさ張ったり。かといって、別の荷物にするのも面倒です。

そこで今回は、厚みを抑えた薄型のお弁当箱をご紹介します。縦にも入れられるように工夫がなされているのが特徴です。

厚みわずか3.5cm、書類のようにカバンに入れられる、薄いお弁当箱。

お弁当を持って行きたいけれど、ビジネスバッグに丁度よいサイズのお弁当箱がなく諦めていた。そういう方におすすめなのが、薄型弁当箱 フードマン、というお弁当箱。シービージャパンから販売されています。

この薄型弁当箱フードマン、その厚みは、わずか3.5cmほど。大きさは21cm四方で、A4の用紙の横幅と同じ。いってみれば、ちょっと厚めの書類のような感覚でカバンに入れることができます。

カバンに入れるといっても、21cm四方と聞くと、これまでのお弁当箱よりも大きくなり、カバンに入らないような気もしますが、この薄型弁当箱は、縦にして入れることができるための工夫がなされているのが大きな特徴です。

薄型弁当箱 フードマンのおすすめポイントは、
・厚みがわずか3.5cmで、縦にもしておけること。
・薄型でありながら、容量は800mlと中身がたっぷり入ること。
・汁漏れ防止のために、留め具が4か所に付いていること。
・食洗機が使えること。
・フタを取り外せば、電子レンジが使えること。

お弁当箱をカバンに縦にして入れるとなると、中身がこぼれたり、汁漏れするかどうかは、気になります。

この点、通常のお弁当箱の場合、フタを留めるための留め具は横に2か所です。

ところが、この薄型弁当箱は、縦横合計4か所に留め具が付いているため、しっかりとパッキングされる仕様になっています。一般的にお弁当のおかずとして適したものであれば、汁漏れの心配がありません。
※ただし、お弁当箱であることには変わりないので、あまり汁気の多いものは厳禁です。

薄型といえども大容量、茶碗4杯分のご飯が入ります。

これまで、カバンに邪魔にならずに入るお弁当箱というと、小さなサイズのお弁当箱にするしか方法がありませんでした。となると、食べる量が多い方にとっては、どうしても物足りなさを感じてしまいます。

その点、この薄型弁当箱 フードマンは、薄いながらもサイズ自体は小さくないため、容量としては800mlを確保してあり、成人男性でも十分な量を入れることができます。

また、フタを外せば、電子レンジを使用することもできるので、職場に電子レンジがあれば、温かいお弁当を食べることもできるのも嬉しいところです。

職場にお弁当を持って行きたいけれど、お弁当箱が邪魔になるので諦めていた、という方も、薄型弁当箱 フードマンを使えば、お弁当生活が始められます。

※商品名 薄型弁当箱 フードマン(シービージャパン)
・サイズ 幅21×奥行21×高さ3.5cm
・内容量 800ml
・材質 フタ、本体:ポリプロピレン/パッキン:SEBS
・カラー 3種類(グリーン、イエロー、ネイビー)
・備考 食洗機使用可、フタを外して電子レンジ使用可
・耐熱温度 本体:140度/フタ・パッキン:100度、
・耐冷温度 -20度
・注意事項 完全密閉ではないので、水分の多いものや汁気の多いものは入れないで下さい。
・JANコード/ISBNコード:4571347-172133 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 軽い掃除機、紙パック式掃除機 MC-JP510G(パナソニック)
  2. デキャンタの内側が洗える マグネティックスポットスクラバー(Cuisipro)
  3. キネティックサンド 1kg(ラングス)
  4. 頭からの汗を止める、ヘイロ ヘッドバンド
  5. めざましイヤホン NMR10(キングジム)
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP