目覚ましマット ニドネン(サンコー)

ユニークなマット型の目覚まし時計、足で踏まなければ止まりません。

朝が弱く、なかなか起きられない方にとっては、目覚ましに何を使うか、というのは結構切実な問題です。

時計やスマホなどのアラームなど「音」を使ったものだと、いつもまにか消してしまって、気づいたら二度寝をしていた、なんていうこともザラ。

最近では、「光」を浴びることで、体内時計そのものを目覚めさせるという、光目覚ましも話題になっており、販売も好調なようです。

今回ご紹介するのは、これらとは一線を画すユニークな、マット型の目覚ましです。

アラームが鳴ったら、マットを踏みつけないと音が止まらない、というもので、身体を起こして動かす必要がある点で、これまで何を使っても起きられなかった方でも、起きられるようになります(かもしれません)。

身体を動かせば目も覚める、を取り入れた目覚ましマット「ニドネン」。

いくら朝の弱い方でも、身体を起こして、動かすことで、目は覚めるはず。というのを目覚ましに使っているのが、目覚ましマット ニドネン(サンコー)という商品。サンコーから販売されています。

このニドネン、見た目はいたって普通のマットのような形をしていますが、このマットに目覚まし機能が付いています。

設定した時刻にアラームが鳴ったら、それを止めるためには、マットを両足で踏みつける必要がある、というもの。

しかも、単に足で踏むだけだけではなく、5秒もの間、しっかりと足で踏む必要があるので、身体を起こして、さらに力を入れることになり、それによって起きられるようになる、というわけです。

目覚ましマット ニドネンのおすすめポイントは、
・アラームを止めるためには、両足でマットを踏む必要があること。
・身体を完全に起こす必要があるため、うっかり消せないこと。
・パソコンと接続し、アラーム音に好きな音楽を設定できること。
・実勢価格5,000円ほどと、手頃な価格であること。

音や光を使った目覚ましの場合、寝ている状態のまま、アラームを止めたりなどの操作が可能ですが、このニドネンは、両足で踏まなければならず、身体を起こす必要があるという点で、これまでの目覚ましとは、全く別のもの、ということができます。

置いておく場所は、ベッドや布団の脇。もちろん、朝が弱く起きられる自信のない方は、ちょっと離れた位置に置いておく、というのも一つの手です。

好きな音楽を取り込んで、アラーム音にすることもできる。

このニドネン、アラームの音を自分な好きな音楽に設定できる、というのも特徴のひとつです。

パソコンにお気に入りの音楽が入っていれば、購入時に付属してくるUSBケーブルでつなぐと、マットの中にダウンロードが可能。起きる自信がない方にとっては、激しい音楽などを入れておくのもよいかもしれません。

電源には乾電池を使用するので、コードが絡みあったり、邪魔になったりすることもありません。

ユニークなマットタイプの目覚まし時計、寝坊気味の職場の同僚や部下へのプレゼントとしても、面白いかもしれません。

※商品名 目覚ましマット ニドネン(サンコー) 
・サイズ 幅600×奥行き425×高さ30mm
・重量 453g
・マット素材 表面:ビロード/中:低反発スポンジ/裏面:ポリ塩化ビニル
・インターフェイス microUSB
・対応音楽ファイル 容量:8MB未満/ファイル形式:mp3
・電源 単4電池×3
・内容 本体、USBケーブル(コネクタ含む121mm)、日本語取扱説明書
・保証期間 6ヶ月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 液だれしない醤油差し THE 醤油差し
  2. 2台目用小型洗濯機 マイセカンドランドリー
  3. 携帯用 ハンガー
  4. 3D時計 マニフォールドクロック
  5. スマピカ
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP