パンツプレス(ツインバード工業)

失敗しないズボンプレッサー。

ピシッとシワのない状態のズボンを履くことは、身だしなみの一つでもあります。ズボンのシワを取るために便利なのが、ズボンプレッサー。

このズボンプレッサーは、ズボンを挟み込んでおくだけで、シワや線を取り除いてくれるもので、アイロンをあてることに比べても、手軽にできて非常に便利です。

ただ一点、ズボンプレッサーの難点ともいえるのが、挟んだズボンが見えないことです。

シワのないようにズボンをセットしたつもりでも、何かの拍子にシワが寄ってしまうと、当然、そのままプレスされるので、仕上がりもシワ入りになってしまいます。

そこで今回は、プレスした状態が見える、ズボンプレッサーをご紹介します。これなら、万一、セット後に、ズボンにシワが寄ってしまっても、直ぐにやり直しができるので、二度手間が省けます。

ガラスを採用、中が見えるズボンプレッサー。これなら失敗が無くなります。

ズボンについたシワや線を取り除こうと思って、ズボンプレッサーにセット。完了後に、開けてみたら、何とシワが入っていた、という経験がある方も多いはず。

というのも、一般的なズボンプレッサーは、ズボンを挟み込んだら、中までは見えません。そのため、途中に何らかの拍子で、ズボンにシワが寄ってしまったら、そのままプレスされてしまいます。

そこで、このズボンプレッサーの難点を解消したといえるのが、片面のパネルにガラスを採用することで、中身が見えるようにした、パンツプレス SA-D719B、というズボンプレッサー。ツインバード工業から販売されている、失敗しないズボンプレッサー、といえそうです。

パンツプレス SA-D719Bのおすすめポイントは、
・全面パネルがガラス製のため、ズボンのセット状態が見えること。
・セット後にシワが寄ってしまっても、レバー操作でシワを伸ばせること。
・消臭シートが付いていること。
・ポケットの中に入っていたものなど、小物を置くためのスペースがあること。

このパンツプレス、途中でシワに気づいても、始めからやり直す必要がないのも特徴。2段ロック機能により、セット後でもシワを伸ばせるようになっています。

小物を置くスペースがあるので、脱いでそのままプレス、が可能。

このパンツプレス、上部に小物を置くためのスペースが設けられています。

キーホルダーや、スマホ、携帯など、ポケットの中に入れておくべきものが置けるため、プレス完了後に、ズボンを履いたらポケットにそれらを入れることもできるし、逆に、ポケットの中身を出して、そのままプレスすることもできるようになっています。

これ以外にも、ズボンの嫌なニオイの対策のための、消臭シートが付属していたり、ガラスには万一のことを考えて飛散防止フィルムが貼ってあるなど、細やかな工夫もなされています。

せっかくズボンをプレスしたのにやり直し、ということが無くなる、失敗しないパンツプレス、おすすめです。

※商品名 パンツプレス SA-D719B(ツインバード工業)
・品番 SA-D719B
・カラー ブラック
・サイズ 455×405×900mm
・重量 7.8kg (製品のみ)
・電源 AC100V 50-60Hz共用
・消費電力 250W
・電源コード長 約1.9 m
・温度過昇防止装置 温度ヒューズ 84 ℃
・プレス面の目安温度 約60℃
・材質 前板:ガラス(飛散防止フィルム付)/プレス面台板:繊維合板(塩ビシート貼付け)/プレス面掛面布:ポリエステルトリコット
・付属品 脚×2、ボルト×2、消臭シート(SA-SP30GY)×1
・JANコード/ISBNコード 4975058471910

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 液晶保護はガラスがおすすめ
  2. 読書用枕。
  3. Tシャツ用の額縁 ティーフレームディスプレイ(Umbra)
  4. シリカクリン 激取りMAX
  5. ダニ対策にはGetダニ捕獲シート
ブログランキング・にほんブログ村へ
PAGE TOP