けんこうパートナー スマイルメディくん(デジレクト)

薬の時間を忘れないために、声を掛けてくれる薬箱。

決まった時間に薬を飲まなければならないにもかからず、ついつい忘れがちになってしまうのは人間の性ともいえます。

忘れないようにと、薬を置く場所を決めておいても、その時間にそこに目が行かなければ、意味がなく、何か良い方法はないかと考えている方が少なくないようです。

そこで今回は、「音」で、薬を飲む時間を知らせてくれる薬箱をご紹介します。薬の時間になると音で知らせてくれるほか、おもちゃ感覚で楽しめる工夫がなされているユニークな薬箱です。

「薬の時間ですよ」と声掛けしてくれる薬箱。

目覚まし時計のように、薬を飲む時間を設定しておけば、その時間になると「薬の時間ですよ!」と音で知らせてくれるのが、けんこうパートナー スマイルメディくん、という薬箱。でじレクトから販売されています。

このすまいるメディア君、何といっても、音で薬を飲む時間を知らせてくれるのが特徴。テーブルの上に置いておくだけでは、見落としてしまいがちでも、音が出ることで、忘れにくくなります。

けんこうパートナー スマイルメディくんのおすすめポイントは、
・薬の時間を、音で知らせてくれること。
・健康に関する話題で、話しかけてくれること。
・薬を小分けにして収納できること。
・診察券など、カード類の収納スペースがあること。

このスマイルメディ君は、約4回分の薬を小分けして収納しておけるので、朝・昼・夕・就寝前と1日4回薬を飲む必要があっても、その分の薬を入れておくことができます。

もちろん、それらを飲む時間を設定しておくことで、その都度音で知らせてくれるので、1日薬を飲み忘れる心配がなくなります。

健康に関する話題で、話しかけてくれます。

けんこうパートナー スマイルメディくんは、単に薬の時間を教えてくれるだけではありません。

500以上もの健康に関する話題が収納されており、内蔵されたセンサーが声などの音に反応すると、それらの話題がランダムに発せられる仕組み。

内容は、おはよう、おやすみの挨拶から、睡眠や食生活、運動に関する話題、また、早口言葉など、非常にユニークなものも収録されています。

いってみれば、ロボットやペットのように、パートナー感覚で使うことができます。

サイズは、約14cm×10cm×9.5cmと、非常にコンパクトであるため、カバンに入れて持ち運ぶこともできるほど。

旅行時やお出掛け時など、日常とは異なる行動の場合でも、スマイルメディアくんをかばんに入れておけば、薬の時間を忘れない対策にもなります。

ついつい忘れがちな薬の時間を音で知らせてくれる、スマイルメディくん、単なる薬箱ではなく、良きパートナーになってくれそうです。

※商品名 けんこうパートナー スマイルメディくん(デジレクト)
・サイズ W146×H100×D95mm
・重量 約270g
・材質 ABS他
・付属品 取扱説明書
・使用電池 単三アルカリ乾電池3本(別売)
・対象年齢 15歳以上
・JANコード/ISBNコード:4560386966506

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 携帯正座椅子 正座革命(ITO製作所)
  2. 襟元や腋の汗ジミ対策 フレッシュマックスシャツ
  3. ボタンつけ道具、ticのよくある質問
  4. プラフレンド
  5. 汗染み対策用ワイシャツ フレッシュマックス
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP