エッグタイマー エッグパーフェクト(バートン)

ゆで卵作り、失敗しないためのタイマー。

そのまま食べてもよいし、サラダや他の料理の付け合せにしても美味しいのが、ゆで卵です。
ゆで具合の加減をして、完全に固まっているものや、半熟など、好みや使用用途に応じて使い分けることができるのも、ゆで卵の魅力です。

ただ、半熟や少し柔らかめにゆで卵を作りたいときには、火を止めるタイミングがポイントになります。

そこで今回は、卵のゆで加減を視覚で教えてくれる、ゆで卵用のタイマーをご紹介します。卵といっしょに茹でて使う、というユニークなタイマーです。

卵への火の通り具合が見た目で分かる、エッグタイマー エッグパーフェクト。

ゆで卵を作る際に、鍋に卵と一緒に入れれば、卵への火の通り具合が分かるという、ゆで卵用のタイマーが、エッグタイマー エッグパーフェクト。アメリカのバートン社の商品でロングセラーになっています。

このエッグタイマー、赤い卵のような形をしており、ゆで卵を作る際に、本物の卵と一緒に鍋に入れて使います。

鍋に火をかけて熱を加えると、エッグタイマーの色が徐々に変化。実際に卵への熱を加わり方を、色の変化で視覚的に知らせてくれます。

エッグタイマー エッグパーフェクトのおすすめポイントは、
・卵への熱の入り方が、目に見えるので、わかりやすいこと。
・鍋に卵と一緒に入れるだけと、使い方も簡単なこと。
・実勢価格500円前後と、手頃な価格であること。

エッグタイマーの色の変化は「ソフト」「ミディアム」「ハード」の三段階。

色の変化は、単純に色が変わるというよりかは、周囲からジワジワと変わっていく仕掛け。なので、卵に熱が入る様子を、そのまま表現した感じなのも、わかりやすい点です。

エッグタイマーが好みの固さの色に変化したところで、本物の卵を引き上げれば、失敗せずに好みの固さのゆで卵が出来上がる、というわけです。

温度や火加減に関係なく、卵を好みの固さに茹でられます。

通常、キッチンタイマーというと、具体的な時間を表示し、セットされた時間がくるとアラームが鳴って知らせてくれるものです。

ところが、ゆで卵を作る際に、このタイマーを使うとなると、冷蔵から取り出したばかりかどうかななど、卵そのもの温度や、また、最初のお湯の温度によっても、仕上がりがマチマチになってしまいます。

その点、このエッグタイマーは、卵と一緒に鍋に入れるものであり、色の変化も、卵への熱の加わり方を表現しているので、失敗無くできるというわけです。

使用上の注意としては、エッグタイマーを急激に冷やさず、自然に冷めるのを待つこと。他には、難しい操作や手入れも必要ありません。

ゆで卵を自分好みの固さに作れるエッグタイマー、キッチンに一つあると便利であることは、間違いなさそうです。

※商品名 エッグタイマー エッグパーフェクト(バートン)
・サイズ 56×40×33mm
・材質 ポリエステル樹脂
・重量 58g
・耐熱温度 105℃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ビールアワースタジアム マグナムブラック(タカラトミーアーツ)
  2. わんわん貯金箱(デビカ)
  3. ワインを冷やすためのグッズ、コークシクル クラッシック
  4. バンチオバルーン Bカラー (タカラトミーアーツ )
  5. ボードスティックスがお買い求めやすい価格になりました。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP