エンディングノート「もしもの時に役立つノート」(コクヨ)

いざ、というときのために、必要な情報を書いておくためのノート。

普段何げなく生活しているとしても、身の回りに何が起こるかわからない世の中です。近年では自然災害も目立ち、また、物騒な事件や事故なども後を絶ちません。

もちろん、そういったことに遭遇しないことを願いつつも、やはり、万一のことは考えておくべきです。

その中の一つが、必要な情報をまとめておくことです。自分だけが知っている情報、残された人に伝える必要がある情報、というのは意外と多く、しかも、それらは残された側にスムーズに伝わらないことも多いものです。

そこで今回は、いざ、というときのために伝えたい情報を整理しながら、記録できるノートをご紹介します。自分の忘備録にもなりますし、何より、残された側のためになるノートです。

銀行口座やクレジットカードの情報から、友人・知人の情報までを一括整理できる「エンディングノート「もしもの時に役立つノート」。

不幸にも自分に万が一のことがあったとき、様々な事柄を整理、手続きする必要が出てきます。銀行口座やクレジットカードに始まり、保険、年金、不動産、ローンなど、その項目は多岐に渡ります。

また、自分の友人や知人の連絡先、ほかにも、自分の死後の希望や、家族や大切な人へのメッセージなど、残しておくべき情報は非常に多いものです。

そこで、必要な項目がわかりやすく整理され、書き込んでいくだけで、残しておきたい情報をノートの形にしておけるのが、エンディングノート「もしもの時に役立つノート」、コクヨから販売され、人気になっています。

エンディングノート「もしもの時に役立つノート」のおすすめポイントは、
・残しておくべき情報が、予めわかりやすく整理されていること。
・書き込むだけで、ノートを完成させられること。
・資産から「気になること」「葬儀・お墓のこと」など、項目が多岐に渡ること。
・記入の際のコツが掲載されていること。
・CDを入れられるディスクケースが付いていること。
・帳簿用の用紙を使用しているため、長期保存に適していること。

自分に関する様々な情報を記録として残しておくことは、必要なことであると多くの方が認識されているようです。

ところが、それらの情報を一度整理してみようと思い立ってみても、大抵の方が躓くのが、最初の作業、項目の洗い出しです。

何を情報として残せばよいのか、残された人にとっては必要な情報は何かを考えることが、既に作業としては、大掛かりになってしまいます。

その点、このエンディングノートを使うことで、予め必要と思われる項目が、見やすい形に整理されており、書き込むだけで完成させられる、というのが大きなメリットです。

帳簿用紙を使用しているので、長期保存でも問題ありません。

エンディングノートに用意されている項目は、銀行口座やクレジットカードなど資産に関するものから、PCなどのパスワード管理、友人の連絡先、葬儀やお墓の希望など、多岐に渡ります。

もちろん、自分の忘備録としても役立ちますが、これさえあれば、残された側が困ることなく、必要な事務手続きがスムーズに行えるのは間違いありません。

用紙には、帳簿用のものを使用しており、長期保存用としても、心配ありません。

いざというときに、残された側が困らないように、また、自分の忘備録として、さらに、ノートを作ることで、今の自分をしっかりと見直せる機会として、エンディングノート、作ってみることをおすすめします。

※商品名 エンディングノート「もしもの時に役立つノート」(コクヨ)
・サイズ 6号(セミB5)
・ページ数 64ページ(32枚)
・大きさ タテ252×ヨコ179mm
・紙質 上質紙・帳簿用紙[特厚口]100g/m²
・製本様式 かがりとじ
・その他 オレフィンカバー付き、ディスクケース付き
・品番 LES-E101
・JANコード/ISBNコード:4901480257648

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 携帯用浄水器、ソーヤー ミニ SP128(SAWYER)
  2. 家庭用ペットボトル潰し マルチプレス KPM1(ぺんてる)
  3. 紙ではないもの向けのアートペン、ボードスティックス。
  4. てのひらトング、使いやすさを追求した、究極のトング。
  5. エンディングノート「もしもの時に役立つノート」(コクヨ)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP