MAMORIO(MAMORIO株式会社)

鍵や財布を忘れたら、スマホに通知してくれるタグ。

鍵や財布を、うっかりどこかに置き忘れてしまった。最後に手元にあったのは、どこだっけか、なんて思い出そうとしても、人間の記憶は曖昧なもので、なかなか思い出せるものではあありません。

そこで今回は、鍵や財布など、失くしたら困るものにつけておくと、離れたときにスマホに通知をしてくれる、小さなタグをご紹介します。さらに、通知に気づかず離れてしまった場合でも、最後に手元にあった場所が記録されているのも心強い点です。

失くしちゃいけないものに付けておけば安心できるタグ「MAMORIO」。

3.5cm×1.9cmで、厚みもわずか3mmちょっと、という非常に小さなタグ。これを失くしたら困るものに取り付けておけば、スマホと連動して忘れ物対策になるのが、MAMORIOという「世界最小の落し物追跡タグ」。

このMAMORIOの主な機能は2つ。

まず、MAMORIOを取り付けた鍵や財布から、スマホを持った自分が一定の距離以上離れた場合に、「置き忘れていませんか?」とそれを通知してくれる、忘れ物や落し物を未然に防ぐという機能があります。

加えて、万一通知に気づかずに、そのまま離れてしまった場合には、最後に手元にあった場所が記録されているので、その位置をスマホの画面で確認し、取りに戻ることができるという機能もついています。

MAMORIOのおすすめポイントは、
・MAMORIO(タグ)を付けたものから離れると、スマホに通知してくれること。
・最後に手元にあった場所を記録していること。
・非常に小さなサイズなので、邪魔にならず、違和感もないこと。
・他のMAMORIOユーザーと共同で忘れ物が探せること。

MAMORIOのタグ自体は、非常に小さなサイズなので、どこに取り付けるにしても邪魔にならず、見た目の違和感がないのも魅力的。財布や鍵をはじめ、ペットや自転車など、アイデア次第で使い方も広がります。

使用する際には、MAMORIO専用アプリをダウンロードし、手持ちのスマホと同期(ペアリング)させることが必要になります。ただ、わかりやすい説明付きなので、画面表示したがって入力、操作するだけなので、さほど難しくなく手間も掛りません。

誰かが見つけてくれる可能性も期待できる、画期的な仕組み。

MAMORIOの主な機能は、忘れ物防止機能と、置き忘れた場所の確認機能の2つとご紹介しましたが、実は、それ以外にもMAMORIOには、優れた機能が備わっています。

それは、他のMAMORIOユーザーが、自分の忘れ物を見つけてくれる可能性がある、ということです。

クラウドトラッキング機能と呼ばれるもので、この機能のスイッチをオンにすると、他のMAMORIOユーザーに自分の落し物情報が共有されることになるます。

すると、他のユーザーがMAMORIO付近を通ったり、すれ違ったりすると、その場所が通知されるというものです。

MAMORIO公式サイトによれば、2016年12月現在で、日本5個分の面積をカバーした実績があるどうで、今後もMAMORIOユーザーが増えれば増えるほど、落し物をしても見つかる可能性が高くなるという、夢を感じさせれてくれる機能といえます。

まずは自分の落し物や忘れ物を防ぎ、また、落し物をしたときに誰かに助けてもらえる、逆に、誰かを助けることができるかもしれないというMAMORIO、夢のある落し物追跡タグです。

※商品名 MAMORIO(MAMORIO株式会社)
・サイズ 縦35.5mm×横19mm×厚さ3.4mm
・有効距離 約30m
・電池タイプ リチウム電池
・電池寿命 約1年間目安
・通信方法 Bluetooth 4.0 (Bluetooth Low Energy)
・アプリ iOS:Bluetooth4.0対応、iOS9以上(iPhone5以降)/Android:Bluetooth4.0対応、Android4.3以降
・カラー 4種類(黒、赤、グレー、ブルー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. サーフボードにペイントするためのペン
  2. プラフレンドを使うときにあると便利なもの
  3. ボタン付け道具 tic
  4. 応急処置のようで、実は応急処置ではない、簡単ボタンつけ。
  5. 電撃殺虫ラケット SHONCO
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP