BRITA fill&go(ブリタ フィル&ゴー)

浄水できる携帯用ボトル、ペットボトルの水を買わずに済みます。

喉が渇くたびに、コンビニへ行ってペットボトルの水を買って飲む。コンビニもいたる所にあるし、手軽に飲めるペットボトルの水は非常に便利であることは間違いありません。

ところが、よくよく考えてみると、このペットボトルの水を買うという行為を日常的に行っていればいるほど、当たり前ですがコストが掛ります。1日100円で計算しても、年間3万円以上。結構な金額です。

そこで今回は、持ち運び可能な、浄水機能付きのボトル、をご紹介します。水道水さえあれば美味しい水が飲めるので、ペットボトルの水を購入する必要がなくなります。

あのBRITA(ブリタ)が発売した、浄水機能付きの携帯用ボトル。

水道水さえあれば、いつでもどこでも、安全で美味しい水が飲めるのが、BRITA fill&go(ブリタ フィル&ゴー)という、浄水機能のついた携帯用ボトルです。家庭用浄水器のトップメーカーであるBRITA(ブリタ)から販売されている人気商品です。

BRITA(ブリタ)の浄水器といえば、主製品でもあるポット型の浄水器を自宅で使っている方も多いようですが、このブリタ フィル&ゴーは、それを持ち運べるボトルタイプにしたものです。

容量は600mlと、多すぎず少なすぎず、ちょうどよいといった所。もちろん、水道さえ使える所であれば、いつでも補充ができます。

ブリタ フィル&ゴーのおすすめポイントは、
・高い浄水品質を、持ち運びできるボトルで実現したこと。
・水に価格に換算すると、1Lあたり4.5円で済むこと。
・カートリッジ1個で、150Lまたは4週間使えること。
・食洗機で使えること。
・実勢価格が3,000円前後と手頃であること。

浄水器というと、カートリッジの交換が必要で、それがちょっぴり面倒な気がしないでもないです。

この点、ブリタ フィル&ゴーの場合、カートリッジの交換目安は、150Lの水のろ過か、もしくは4週間。500mlのペットボトルで換算すると300本、期間も約1ヶ月と、意外なほど長持ちするのも特徴です。

500mlで換算すると2円ちょっとと非常に経済的です。

ブリタ フィル&ゴーは、水道水さえあれば、いつでもどこでも浄水された水を飲むことができる便利さが特徴ですが、さらに、経済的な面からも考えても非常に優れています。

というのも、本体とカートリッジ価格を合わせた上で換算しても、掛かる費用は500mlあたり、2円ちょっとで済む計算。ペットボトルを購入するのがバカバカしく思えるほど。

たしかに、必要なときにコンビニでペットボトルを買うという手軽さに比べると、多少の荷物になってしまうことは仕方がないにしても、費用を考えると非常に魅力的であるといえます。

浄水器のトップメーカーであるブリタが満を持して発売した、浄水機能付きの携帯用ボトル、ブリタ フィル&ゴー、使ってみる価値は大いにありそうです。

※商品名 BRITA fill&go(ブリタ フィル&ゴー)
・用途 携帯可能な浄水機能付きボトル
・サイズ 幅7.4×奥行7.4×高さ23cm
・本体重量 0.17kg
・フィルターディスクカートリッジ 1枚付き
・容量 0.6L
・カートリッジ交換目安 1日5L使用の場合で4週間
・除去物質 遊離残留塩素、総トリハロメタン、2-MIB(カビ臭)、CAT(農薬)、テトラクロロエチレン、ブロモジクロロメタン、トリクロロエチレン、ジブロモクロロメタン、プロモホルム
・カラー 4種(ブルー、パープル、ライム、ピンク)
・JANコード/ISBNコード:4006387068127 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 100%天然素材のエナジードリンク ●商品名 ORGANIQ(オルガニック)
  2. サーフボードにペイントするならボードスティックス
  3. 脱いだスーツ、どうする?
  4. ワレットニンジャ
  5. キャップイヤーバンド 2枚組(バンドワゴン)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP