部屋干し番湿温度計(ドリテック)

洗濯物の乾きやすさも表示する、温度湿度計。

部屋の中で洗濯物を干す際に、単に洗濯物を干しておくだけではなく、エアコンや送風機、扇風機などの風を当てることで、乾くのが速くなります。湿度の高い時期や、気温の低い時期であれば、その効果はなおさら高いものです。

ただこれも、風の向きや温度などを工夫することで、さらにスピーディーに乾かせるようになります。

まずそのために必要なのは、部屋の温度と気温を知っておくことです。湿度と気温を確認したうえで、必要な対策が立てられます。また逆に、無駄な光熱費を使わずに済む場合さえあります。

そこで今回は、洗濯物の付近の湿度と気温を測れる室温時計をご紹介します。どこにでもぶら下げられるほか、洗濯物の乾きやすさまで表示してくれるので、室内干しする際に便利なグッズです。

物干し竿やハンガーに掛けられる湿温度計、洗濯物の乾きやすさも表示してくれます。

湿度計や温度計というと、通常は壁掛けたり、テーブルの上などに置いて使うタイプが主流です。

こういったタイプの場合、部屋全体の湿度や温度を目安として知る場合には問題ないのですが、細かくいえば、部屋の中でも場所によって、大きく異なることがほとんどです。

特に、部屋の中に洗濯物を干す場合、知りたいのは、まさにその洗濯物を干している場所の湿度と温度です。

湿度が高ければ、乾燥させるための手段、気温が低ければ、温度を上げるための手段を取ることで、より速く、効率的に洗濯物を乾かすことができます。

そこで便利なのが、部屋干し番 湿温度計という商品。ドリテックから販売されています。

この部屋干番 湿温計は、湿度と気温を計測表示することに加えて、洗濯物の乾きやすさをわかりやすく表示してくれます。

また、フックのコンパクトなサイズで、物干し竿やハンガーに掛けておけるので、洗濯物の近くの室内環境を知ることができる商品です。

部屋干し番湿温度計のおすすめポイントは、
・フック付きでコンパクトなので、ハンガーなどに掛けておけること。
・気温や湿度のほか、洗濯物の乾きやすさを表示してくれること。
・電源が、単4形の乾電池1つだけであること。
・実勢価格1,000円前後と手頃であること。

光熱費の節約にもつながります。

洗濯物を速く乾かしたいからといって、エアコンやヒーター、送風機などを最大に点けている方も多いようです。

猛スピードで乾かしたいときは別としても、通常であれば、洗濯物を乾かすためだけに、エアコンなど最大限にすることは、かえって不経済になる場合すらあります。

その点、この部屋干し番 湿温計を使って、洗濯物が乾く環境であるかどうかを知り、その環境に応じてエアコンを点けたり、または消したりすれば、不要な光熱費を抑えられることにもつながります。

※商品名 部屋干し番湿温度計(ドリテック)
・品番 O-262
・カラー 3種(ピンク・ホワイト・イエロー)
・サイズ 縦12.6×横10.0×厚さ2.2cm
・重量 52g
・表示温度範囲 -9.9~50.0℃
・表示湿度範囲 10~99%
・温度精度 0.0~40.0℃:±1.0℃/その他上記範囲外:±2.0℃
・湿度精度 50~80%:±5%/その他上記範囲外:±10%
・使用電池 単4形乾電池×1個
・測定感覚 約10秒
・JANコード/ISBNコード:4536117022797 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ステンなべぞこくん(パール金属)
  2. 子供用虫除けシャツ
  3. 音の静かな、サイレントミルサー
  4. プラゴ PLUGO (家庭用コンセントタップ)
  5. 裾上げの長さに失敗した!そんなときに役立つかもしれないアイテム。
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP