ezegg レンジでうすやきたまご(曙産業)

薄焼き卵を、電子レンジで上手く焼くためのグッズ。

ちらし寿司や冷やし中華を始め、色々な料理やお弁当にきれいに彩りを添えてくれるのが、薄焼き卵です。

ただ、薄焼き卵を作るとなると、厚さが均一にならなかったり、途中で破れてしまったり、そもそも、薄焼きではなく、厚ぼったくなってしまったりと、意外と難しいものです。

そこで今回は、薄焼き卵を綺麗に作るための便利なグッズをご紹介します。電子レンジでわずか1分半ほどで出来てしまうので、朝の忙しい時間帯にも使えるのが嬉しいグッズです。

電子レンジで1分半、きれいな薄焼き卵が作れるグッズ。

薄焼き卵は、そのまま使ってもよいし、細く切って錦糸卵にしてもよいし、味はもちろん、料理の見た目を鮮やかにしてくれます。

この薄焼き卵を、電子レンジで1分半加熱するだけで、綺麗に作れるのが、曙産業から販売されている、レンジでうすやきたまご、という商品です。

電子レンジを使用することで、焦げる心配もなく、直径20cm超の均一な厚みのきれいな薄焼き卵があっという間に作ることができます。

ezegg レンジでうすやきたまごのおすすめポイントは、
・均一な厚みの薄焼き卵が作れること。
・電子レンジを使用するので、焦げる心配がないこと。
・やずか1分半で、綺麗な薄焼き卵が作れること。
・実勢価格が1,000円前後と手ごろであること。

使い方も簡単で、フライパンで作るときのように失敗がありません。

レンジでうすやきたまごは、それぞれが取り外し可能な3層の構造になっています。

卵を入れるための器となるトレー、トレーと組み合わせて卵を均一に伸ばすための内ブタ、また全体に適度な重さを掛けるための外ブタの3層。

予め溶いておいた卵を、トレーに入れ、内ブタ、外ブタの順番に入れて、あとは電子レンジに入れるだけ。使い方も非常に簡単なのも特徴です。

準備して電子レンジに入れてしまえば、後は自動で加熱してくれるので、フライパンで作るときのように、目が離せないこともありません。朝の忙しい時間帯のお弁当作りにも使えます。

卵を2~3個で、直径20cmちょっとの薄焼き卵¥を2~3枚作ることが可能。

出来上がった薄焼き卵は、錦糸卵にして飾りとしてもよいし、チキンライスやケチャップライスを丸々包んでもよいし、料理の幅がグッと広がります。

これまで薄焼き卵を作っても、なんだかドテッとした仕上がりだった、また、薄く焼くことができなかった、そういう方にも、レンジでうすやきたまご、おすすめです。

※商品名 ezegg レンジでうすやきたまご(曙産業)
・サイズ 260×260×45mm
・重量 343g
・材質 本体:ポリプロピレン(耐熱温度120度、耐冷温度-20度)
・品番 EZ-289
・生産 日本
・JANコード/ISBNコード:4954267102891

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 首に巻いても濡れない冷感タオル。
  2. ticが日本経済新聞で紹介されました。
  3. お墓お供え用 プリザーブド仏花
  4. どこでも座れるリュック2(サンコー)
  5. ペイントペン
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP