ゆで卵調理器 えっ!グッー(アーネスト)

ゆで卵用の調理器具、5個のゆで卵が綺麗に作れて、しかも穴開け針つき。

ゆで卵は、そのまま食べても良いし、他の料理の飾りつけにもできるし、何かと重宝します。

ゆで卵を作るとなると、水をはった鍋にて卵を入れて、火に掛けて時間を計るというのが通常。

ただ、これだと、茹でている最中に卵同士がぶつかり、殻にヒビが入ってしまったり、また、ゆで上がった際に、黄身が寄ってしまうなど、思い通りにいかないこともしばしばです。

そこで今回は、美しく、かつ失敗無く、ゆで卵を作るための調理器具をご紹介します。1度に5個まで作れて、しかも穴開け用の針までついているのが特徴です。

5個のゆで卵がきれいに作れる、ゆで卵調理器 えっ!グッー。

ゆで卵の使い道も様々なありますが、サラダの飾りにしたり、お弁当に沿えたりするために、切って使う場合、なるべく黄身を真ん中に寄せておきたいものです。

ゆで卵が仕上がった際、黄身を真ん中に寄せるためには、茹でている最中に卵を立てたまま状態を維持することがコツです。

とはいえ、これを通常の鍋でやるとなると、お湯の中で卵を一定の状態に保つことは、ほぼ不可能です。

そこで便利なのが、ゆで卵調理器 えっ!グッーという、商品。アーネストから販売されています。

このゆで卵調理器は、卵を縦型におけるスポットが5個ある、柄の付いた皿のようなイメージ。

卵を各スポットに置いて、そのまま鍋に入れておけば、茹でている最中も、卵が動くことなく一定の状態を保ちます。それにより、途中で殻が割れることもなく、また、黄身が真ん中にある、綺麗なゆで卵に仕上がります。

ゆで卵調理器 えっ!グッーのおすすめポイントは、
・一度に5個のゆで卵がきれいに作れること。
・仕上がりの際、黄身が真ん中にあること。
・殻を剥きやすくするための、穴開け針が付いていること。
・固ゆで、半熟なども、時間管理すれば、均一にできること。
・実勢価格1,000円前後と、手頃であること。

もちろん、半熟、ちょい固、固めなど、ゆで時間を計ることで、好みの固さに仕上げることもできます。

殻を剥きやすくするために、穴開け用の針付きなのが嬉しい。

今回ご紹介しているゆで卵調理器ですが、単に卵を乗せて鍋に入れるという意味ならば、他にも同じような商品は確かにあります。

このゆで卵調理器をおすすめする理由は、実は、この穴開け用の針まで付いている、というのが理由の一つでもあります。

今では、ゆで卵の殻を剥きやすくするために、事前に卵の底に針や画びょうなどで、穴を開けておくことが一般的になってきており、卵の穴開け専用という商品まで販売されています。

茹でる前に、卵の底に穴を開けて、中にある二酸化炭素を抜くことが、そのメカニズムではありますが、このゆで卵を調理器を使えば、綺麗なゆで卵ができると同時に、穴開けも一緒にできてしまう、というわけです。

そのままはもちろん、様々な料理の付け合せなど、汎用性のあるゆで卵、綺麗に、作業効率よく作るためにも、ゆで卵調理器 えっ!グッー、おすすめです。

※商品名 ゆで卵調理器 えっ!グッー(アーネスト)
・サイズ W15.5×D15.5×H16cm
・材質 ボディー、ハンドル:ポリプロピレン/安全カバー:シリコーンゴム/針:ステンレス鋼
・耐熱温度 ボディー、ハンドル:140度/安全カバー:180度
・重量 70g
・生産 日本
・注意事項 使用できる鍋は、内径約18cm以上、深さ約9cm以上。
・品番 A-75921
・JANコード/ISBNコード:4989082759210

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 迷子防止グッズ バディタッグ(MyBuddyTag)
  2. iPhone アルバムスキャナ Omoidori(おもいどり)(PFU)
  3. おそうじルームブーツ(アズマ工業)
  4. サーフボードギャラリー公開中!
  5. 見る人を楽しくする3D時計
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP