わんぱくサンドMogu×2(モグモグ)(アーネスト)

サンドウィッチを崩さず作れるボックス。

お弁当箱を開けたらサンドウィッチ、というのも見た目も華やかで、何だか嬉しくなります。

とはいえ、作る側としては、悩むのはサンドウィッチのボリュームです。食べるのが、食べ盛りの子ども達だったり、食欲旺盛の方だったりすると、少々物足りないのでは、と思ったりもします。

そこで今回は、ボリュームあるサンドウィッチを、崩さず綺麗に作れて、そのままお弁当箱代わりにもなるという、便利なサンドウィッチ用のボックスをご紹介します。

具材たっぷりでも崩れにくく、そのままお弁当箱にもなる、サンドウィッチ用のボックス。

食べる量が多めの人向けに、お弁当をサンドウィッチにしようすると、数を多くするか、中身の具材にボリューム感を持たせるかの、どちらかになります。

その点、見た目や栄養バランスを考えると、具材をたっぷり入れて、ボリュームのあるサンドウィッチにする、というのが理想的です。

ところが、中の具材をたくさん入れれば入れるほど、サンドウィッチの通常の作り方では、作っている最中にも具材が飛び出し、包丁入れると、さらに悲惨なことになりがちです。

そこでご紹介したいのが、ボリュームのあるサンドウィッチが綺麗に作れる、わんぱくサンドMogu×2、というサンドウィッチ用のボックスです。

このわんぱくサンドMogu×2は、組み立て式のボックスで、ボックスを使ってサンドウィッチを作ったら、そのままお弁当箱としても利用できる、というもの。

調理中は、半分にセパレートにしておく仕様で、その隙間に包丁も入れられるという、サンドウィッチ用として非常に工夫がなされているのが特徴です。

わんぱくサンドMogu×2のおすすめポイントは、
・具材がたっぷりのボリュームサンドが、綺麗に作れること。
・出来上がったらそのままお弁当箱としても使えること。
・折りたたみ式なので、収納にも邪魔にならないこと。
・実勢価格が1,500円前後と手頃であること。

豪華なサンドウィッチが、手軽に作れます。

わんぱくサンドMogu×2はボックスにしたときの高さが約6.5cm。パンに挟んで少々押さえつけることを考慮しても、かなり多くの具材が入ったサンドウィッチが作れます。

もちろん、四方が囲まれた状態なので、包丁を入れるときにも、中身がはみ出す心配もありません。また、予め、ラップを敷いて調理をすれば、持ち運んでいる最中に、具材の汁が垂れることもありません。

こういったお弁当箱の類を新たに増やすと困るのが収納場所ですが、この商品は元々折り畳み式で、折りたためば、厚みはずか2cmちょっとになるので、邪魔にならずに収納できます。

お弁当にサンドウィッチが作れれば、メニューのヴァリエーションも増えるし、また、これからのお出かけシーズンに、具材たっぷりの華やかなサンドウィッチも魅力的です。わんぱくサンドMogu×2で、サンドウィッチ作りに挑戦してみませんか?

※商品名 わんぱくサンドMogu×2(モグモグ)(アーネスト)
・組立て時サイズ 幅12.5×奥行15×高さ6.5cm
・収納時サイズ 幅16.5×奥行15×高さ2.5cm
・重量 112g
・付属品 フタ、ケース兼ガイド、取り扱い説明書
・材質 ポリプロピレン
・カラー 3種類(ピンク・ブラウン・ブルー)
・JANコード/ISBNコード:4989082767208 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ペイントペンをお探しなら、これ
  2. 液晶保護、スマピカ。
  3. ボタン付け道具、tic
  4. コンフォートトップ イチロー 足裏マッサージ器 コンフォートトップ
  5. 着脱式ルーペ爪切り(長谷川刃物)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP